「電気圧力鍋」はなぜ今年売れまくったのか

42年前から発売、10年ぶりに刷新したパナ

左からティファール、パナソニック、アイリスオーヤマで作った豚の角煮(筆者撮影)

共通するメニュー「豚の角煮」と「秋刀魚の甘露煮」を、それぞれのレシピ通りに作ってみた。調理時間だけでなく、加圧時間から減圧時間までの合計時間を計測している。

その結果、豚の角煮はティファールが28分、パナソニックが48分、アイリスオーヤマが60分。秋刀魚の甘露煮はティファールが29分、パナソニックが50分、アイリスオーヤマが56分かかった。調理時間に関しては、ティファールが圧倒的に早い。3モデルとも70kPa(1.7気圧)であるが、消費電力はティファールが1200W、パナソニックが700W、アイリスオーヤマが800Wとなっており、火力に差があるということも要因の1つだろう。

豚の角煮の仕上がりは、ティファールがしっかり煮詰めた状態でできあがる。調味料が少なめで、鍋の底面積が大きいため、水分が蒸発して濃い味付けに。パナソニックとアイリスオーヤマは、煮汁がシャバシャバした薄味の状態になるので、フタを開けて煮詰めると煮汁がとろりとしてくる。

ティファールは濃い目の味に仕上がる

秋刀魚の甘露煮は、ティファールは骨の部分が少しかために仕上がるが、煮詰めた状態で仕上がるため、濃い味でごはんがすすむ。パナソニックとアイリスオーヤマは、豚の角煮と同様、フタを開けて煮詰める必要があるが、そこで好みの味に調整できる。

秋刀魚の甘露煮の仕上がりも豚の角煮とほぼ同様だった(筆者撮影)

2品作った結果、短時間で調理が終わり、煮詰めた状態ですぐ食べられるのがティファールだった。パナソニックとアイリスオーヤマは煮詰める作業が必要となり、時間はかかる印象だ。特にアイリスオーヤマに関しては、減圧が終わるまでに時間がかかり、電気圧力鍋の「短時間でできる」というメリットがあまり感じられなかった。ただ、卓上鍋として使えるのは同モデルのみで、他にも温度の設定や発酵料理などもできるので、料理の幅が広がりそうだ。

今回は実際に3製品をいろいろ試してみたが、それぞれ個性が異なることがおわかりいただけただろうか。本体の大きさや容量、調理時間などをチェックし、自分の家庭に合うものをぜひ選んでほしい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。