100gで1万円!高級茶葉農園の並外れた情熱

繊細な「茶葉づくり」の常識を破り続けた

静岡の超高級茶葉「東頭(とうべっとう)」。100g1万円もするのにはそれだけの理由があります。写真と本文は関係ありません(撮影:編集部)
苦悩する側面ばかり取り上げられがちだが、日本の農業はまだまだやれることがある。独自のアイデアで人気商品を生み出した農家を取材した、フリーライターの川内イオ氏『農業新時代-ネクストファーマーズの挑戦-』から抜粋。品質の高さでひときわ評価が高い高級茶葉「東頭(とうべっとう)」農家のこだわりを紹介する。

ぜえ、ぜえ、はあ、はあ……。激しい動悸と息切れが止まらない。そのとき、僕は静岡駅から車で90分ほどの場所にある静岡市葵区玉川の山の中にいた。数メートル上で、息ひとつ乱れていない小杉佳輝が、苦笑しながら「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。

およそ15分歩き、獣除けに張られた青いネットをくぐると、そこには日の光を受けてエメラルドグリーンに輝く茶畑が広がっていた。標高800m、俗世から隔絶されたこの場所こそ、100g1万円の価格がついている日本一の高級茶「東頭」の茶園だ。

東頭は、茶師をしていた佳輝の祖父、築地郁美さんとその息子で佳輝の叔父にあたる、築地勝美さんが山を切り拓いてつくり始めた。言い出したのは勝美さんだった。

勝美さんは山の標高800m、南向きの斜面に茶園を作ろうと考えたが、それは常識外れだった。一般的に、茶の樹は標高600mを超えるとうまく育たないとされており、東頭を独占販売している原料茶メーカー「葉桐」の葉桐清巳社長が、勝美さんと一緒に静岡県の茶業研究センターに相談に行ったときも、「難しい」と言われたという。

葉桐社長によると、それでも勝美さんが茶園開発に挑んだのには理由がある。築地家がもともと所有していた茶園は標高350m付近にあり、標高800mに位置する東頭の茶園とは気温が4、5度も異なる。そうなると茶の樹の生育速度も変わるため、収穫の時期をずらすことができた。その分、じっくりと栽培に取り組むことができるというわけだ。

日本茶の「シングルオリジン」の先駆者

ここで、日本茶の世界について触れよう。まず、日本で栽培されているお茶の品種の75%は「やぶきた」という品種である。なぜ1つの品種がここまでシェアを占めているかと言えば、高品質で育てやすいから。

そして、一般的に売られている茶葉は売り物になる過程で均一品質、大量生産、安価提供を実現するために、軒並み「ブレンド」されている。もちろん、ペットボトルのお茶も同様である。

次ページ日本茶づくりの常識をぶっ壊した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。