会社に頼らず生きていける人に共通する3特徴

「会社の評価と顧客」どちらが大切ですか?

ここで大きな問題となるのが、「会社は儲かるけれど、お客さんにはメリットがない」という状況に直面したときです。きっと多くの人がそんなジレンマに苦しんでいると思います。

実際、私も会社員をしていたとき、「えっ、これを売るの? 会社はめっちゃ儲かるけど、お客さんにはメリットないやん……」ということがありました。こんなとき、どうするか?

極論ですが、私の考えは「会社の命令なんてスルーして、すっとぼけておく」です。あえて会社に反論したりはしませんけど、とにかくスルー。こんなことを言うと、「それは無理です!」「ダメ人間のレッテル貼られます!」「組織に居場所がなくなります!」なんて言う人がたくさんいます。

覚悟を持って仕事をするべき

確かにそのとおりで、ある程度のバランス感覚は必要ですが、1度や2度ならそんな方法もアリです。そのくらいの覚悟を持って仕事をするべきだと、私は本気で思っています。

「会社の命令をスルーする」なんて非現実的で、奇想天外に感じるかもしれませんが、実はこれ、とても大事なポイントなのです。ここで天秤にかかっているのは「会社での評価」と「お客さんからの信用」です。

今の時代、どっちが大事でしょうか?

「10対0」でどちらかを選択するべき……という極端な話ではありませんが、組織人だからといって「会社での評価」を安易に優先するのはとてもリスキーな働き方。そういう時代だということも理解しておいてほしいと思います。

私は多くのビジネスマン、仕事人、組織人に会ってきましたが、「会社に頼らず生きていける人」というのは、こうした究極の場面で「お客さんを真ん中に置いて仕事をする」という覚悟を持った人たちなのです。

特徴2:常識を疑う

会社には、さまざまな「常識」「ルール」「しきたり」があります。当然、その中にはおかしなものもたくさんあります。

私の知り合いのところに、始業時刻は8時40分なのに、なんとなくみんなが8時過ぎには出社して、それが当たり前になっている会社があります。

その会社はさらに不思議で、出社すると、課長とか部長とか、いわゆる“偉い人”のデスクを回って「おはようございます」とあいさつするという習慣があるそうです。「おかしな習慣だな」とは思いますが、どんな会社にも、そんなおかしな常識はあるものです。

従うか、従わないかは個人の自由ですが、それを当たり前だと思い、過剰に適応してしまうのは正直言って危険。社内でしか通用しない「ドメスティック人材」にどんどんなってしまうでしょう。

私の経験でも「14〜15時」と会議の時間が決まっているのに、会議を仕切っている上司の都合や機嫌ひとつで15時半、16時まで会議が長引くなんてことがよくありました。

次ページウソついてもいい!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT