会社に頼らず生きていける人に共通する3特徴

「会社の評価と顧客」どちらが大切ですか?

ほとんどの社員は「A部長だからしょうがない……」と受け入れていましたが、私はそんなの納得できないので、会議が始まる段階で「すみません。お客さんとのアポがあるので、私は15時に退出させてもらいます」と宣言しておきました。

実際にアポがなくても、ウソついて、そう言っておくんです。部長の話が長引こうが、説教が始まろうが、15時になったらさっさと退出。予定がないときは本屋にでも行っていました。

常識を1度は疑ってみる

そんなやり方を全員に推奨するわけではありませんが、会社の仕組み、世間のルールなど、いわゆる“常識”に縛られるのではなく、とにかく1度は疑ってみる。そして、できれば“おかしな常識”を乗り越えられるよう自分なりの工夫をする。

結局は、そんな人が「会社に頼らず生きていける人」になっていくのです。

特徴3:最悪を想定している

特徴の3つ目は「最悪を想定している」です。簡単に言えば、「もし○○が起こったら、こうしよう」という発想で仕事をしている人。その最たるケースが「もし会社が倒産したら……」「もし今、クビになったら……」というわけです。

例えば、あなたが4人チームのプロジェクトリーダーをしているとき、「もし1人が異動になって、メンバーが少なくなったらどうしよう」ということを、つねに考えているかどうか。

これ、とても重要です。あるいは、自分のクライアントが3社あって、そのうち1社からの売り上げが全体の85%を占めている場合、「その1社からの契約を切られたら、どうするか?」ということを、あらかじめ想定しているか。

『肩書き「オレ」で生きていけ!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

つねに最悪を想定している人なら、実に当たり前のリスク管理です。

仕事をしていれば、「まさかっ!」という不測の事態は必ず起こります。もちろん、それはあなたの責任ではないかもしれません。

ちなみに今、私はあっちこっちへ出向いて講演やセミナーをやっていますが、出先でプロジェクターの不具合があり、用意したスライドが使えないなんてこともあるわけです。私の責任ではありません。

でも、「誰の責任か」なんて発想自体、組織の中でしか通用しない話。誰の責任であろうが、目の前の事態を“自分で”何とかしなければなりません。だからこそ、最悪を想定する。そんな意識と覚悟を持っている人が、会社に頼らない「肩書き『オレ』で生きていく人」になっていくのだと思います。

1、つねにお客さんを真ん中に置く
2、常識を疑う
3、最悪を想定している

今からでも、決して遅くはありません。ぜひ、この3つを意識して「会社に頼らず生きていける人」になってほしいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT