3500人以上のがん患者と接した精神科医の学び

厳しい状況に向き合う中で生き方が変わる

どこかふてくされたような感覚があった自分は、誰かのために何かをしようと思ったことがあっただろうか──。

そう思いながら周りを眺めてみると、自分と同じように大変な状況の人が病棟にはたくさんいて、医師や看護師が、懸命に治療にあたってくれていることに気づきました。

さらに、夜中に自分の背中をさすってくれている看護師さんの手のぬくもりに、心からありがたいという気持ちが湧き上がってきて、「自分がもし元気になったら、困っている人の役に立つような生き方をしたい」と思うようになったのだそうです。

また、自分が病気になったことにうろたえている両親を見て、これまで抱えていたわだかまりのようなものがスッと消え、感謝の言葉が自然と出るようになったと話してくれました。

死を意識すると生き方が変わるようになる

今、春香さんは治療を終えて回復し、元気に大学へ通っています。

『もしも一年後、この世にいないとしたら。』(文響社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

先日、顔を見せに外来に来てくれたときは、入院直後とは別人のように目を輝かせてこう話してくれました。

「普通の生活ができることって、当たり前のことじゃないんですよね。そう思うと感謝の気持ちがあふれてきます。

以前は適当に就職して、誰かと結婚してぬくぬくと生活していかれたらOKなんて思っていたけれど、そんなんじゃ、せっかくの人生がもったいないですよね。今はね、夢があるんです」

私はいろいろな人の悩みに耳を傾けることで、春香さんのように厳しい状況に向き合っている人たちの体験を深く知ることになりました。死を意識し、厳しい治療を体験する中でその人が深く考えたこと、感じたことは、一つひとつに説得力があります。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。