3500人以上のがん患者と接した精神科医の学び

厳しい状況に向き合う中で生き方が変わる

苦しみが癒えるのは、悩みを理解してもらえたときです(写真:Pornpak Khunatorn/iStock)

私は精神腫瘍医としてがんの専門病院に勤めています。一貫して、がんに罹患された人とそのご家族の診療を担当しています。毎年お会いする人の数は200人以上で今まで3500人以上のお話を伺ってきました。

相手が抱えている悩みを十分に理解する

がんを体験した人が100人いらっしゃれば100通りの悩みがありますので、初めてお会いするときに私が第一に心がけるのが、その人がどのような悩みを抱えておられるのか、十分に理解しようとすることです。

そのためには、ある程度時間をかけていろいろなことを聞かなければなりません。拙著『もしも一年後、この世にいないとしたら。』でも触れていますが、例えば、その人がどんな人生を歩んできて何を大切にしてきたか、がん体験がその人の人生にどのような影響を与えたか、そして今何に最も困っているのか、ということを詳しく尋ねることが大切です。

面談の最初は、このようなことを知るために質問を繰り返します。そのうえで、私なりにその方の悩みが理解できたと思ったときにはじめて、「○○さんの中では、がんになることでこういう問題が起きたと感じられ、とても困っておられるのですね?」と私の理解を伝えます。

私が伝えた言葉に対して、相手が心の底から「そうなんです!」と言ってくだされば、最初の大切なステップがうまくいったことになります。

なぜなら人は、「自分の悩みを誰かが理解してくれた」と思えたときに、苦しみが少し癒えるからです。

また、私との対話の中で、だんだんもやもやとしたものが言葉になっていき、今まで自分でも気が付いていなかった部分も含めて、自分の悩みが整理されて理解できるという効果もあります。

さらに、その場で強い悲しみを表現される方もいますが、悲しみという感情は苦しみを癒やしてくれるので、次に進むために大切な役割を果たします。

次ページ20歳で白血病になった大学生のケース
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT