児童相談所「1人で100例」担当する職員の過酷さ

常に板挟み、警察に訴えられ脅されることも

親御さんといい関係を築けたと思って子どもを家に帰した途端に、児相の電話や訪問に応じないなど、手のひらを返されたこともありました。

児相職員には、親御さんからすごい勢いで責められたときにも、毅然とした態度で対応することが求められる。

なので、若手職員の育成について言えば、いざとなったときに先輩職員がバックにいるという安心感が大事です。

また、子どもを保護している一時保護所も定員オーバーなので、保護してからの対応をはやく決めなければなりません。

ただ、施設もいっぱいですし、里親もまだまだ数が少ないのでなかなか見つかりません。いつもあらゆるところに頭を下げているような感じです。

東京都福祉保健局が配布しているしおり(写真:リディラバジャーナル)

子どもを取り返しにくる保護者などから守るためのことではありますが、保護されると、スマホが使えなくなる、友だちと会えなくなる、学校に行けなくなるなど、子どもにとっては不利になることもあります。なので「保護してくれてありがとう」と言われることも滅多にないです。

こうした状況でどうやって人材を確保していけばいいんだろうとは思います。

ケースによっては、担当者も一生のこころの傷に

何より、虐待によって子どもが重篤な状況になってしまったときは、担当者にとっても一生、こころの傷になります。

だからこそ、相談のきっかけが些細なことのように思えても、例えば周りに子育ての手伝いをしてくれる人がいるのかどうか聞くなど、丁寧にヒアリングをすることを大切にしようと心に留めています。

その人の状況に合わせて、いざというときに相談できる場所をお伝えするだけでも、リスクを防ぐことになるかなと思います。そういった想像力は大事ですね。

しんどいことも多いですが、一方で子どもや家庭と長く付き合っていると、家庭から離れてよかったとか、親と対峙できてよかったよと、子どもが話してくれることもあります。

ある日、子ども本人から「高校に受かった」と連絡がきたこともありました。同じ地区を7年間担当していたのですが、長く続けていると、子どもも、親御さんも、自分も成長していくんだなと実感しました。

――インタビュー後編では、虐待が起きてしまう家庭の事情や、里親開拓、子どもの自立支援のための取り組みについて聞きました。後編はこちらからご覧ください。
リディラバジャーナルの関連記事
虐待通告の増加に奔走する児童相談所のいま
社会的養護からこぼれ落ちてしまう子どもたち
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。