「ロードスター」をこよなく愛する人の共通点

10年ぶりに開催されたファンイベントに潜入

三次自動車試験場のコースに終結した2000台を超える歴代ロードスター(筆者撮影)

「いってらっしゃ~い!」

2281台ものマツダロードスターがテストコースをパレードしている。いまから10年後の2029年、この地での再会を誓ってそれぞれの家に戻っていく。コース周辺から多くの人たちが大きく手を振っている。これまでさまざまな案件でマツダ本社と付き合い、そしてこの地に居合わせた身として、心の奥底から込み上げてくるものがあった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

広島市中心部から北東へクルマで約1時間半、広島県三次(みよし)市内にあるマツダの三次自動車試験場に到着した。取材した10月13日、三次自動車試験場にはロードスターファンが一堂に会した「ロードスター30周年ミーティング」というイベントが盛大に開催された。

累計生産台数は100万台超え

ロードスターは1984年頃から企画構想され、約3年間の量産開発を経て1989年2月、アメリカのシカゴモーターショーで「マツダロードスター・MX-5」としてワールドプレミアされた。コンパクトで手頃な価格の2ドアオープンカーとして世界各地で根強い人気を維持している名車である。

マツダによると生産台数は2018年12月末時点で、初代(NA:1989~1997年)が43万1506台、2代目(NB:1997~2005年)が29万0123台、3代目(NC:2005~2015年)が23万1632台、そして現行の4代目(ND:2015年~)は13万6436台。合計108万9697台である。

市場別では、アメリカが45%、欧州が33%、日本が18%、オーストラリアが2%、残りはその他の国や地域となる。 日本ではNA~NDまで約20万台が販売されており、そのうちの1%ほどが、今回のロードスター30周年ミーティングに集まった計算になる。

次ページロードスターファンの声を実際に聞いてみた
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。