記録的大雪、流通業界への影響度はいかに

配送ルートの確保に四苦八苦、百貨店にも冷や水

記録的な大雪が関東甲信から東北にかけての広い範囲を襲った(写真:AP/アフロ)

2月14日から16日にかけて、関東甲信、東北を襲った記録的な大雪。各地の交通網を寸断し、経済活動にも大きな影響を与えた。特に影響が大きかったのが、流通業界だ。通常の配送経路が使えず、別ルートの開拓を余儀なくされた。

たとえば、セブン-イレブンは山梨、長野などの一部店舗への商品供給が滞った。17日にはヘリコプター2機を飛ばし、パンなど数千食を山梨県内の店舗に配送。翌18日には、ヘリを4機に増やし、カップラーメンやパンなど1万7000食を現地に届けた。その甲斐もあり、18日現在、休業している店舗はないという。

ローソンは、山梨県内の全102店舗に商品が納入できていない。群馬、長野両県については、店舗数を把握できていないが、納品できない店舗があるもよう。18日には、ヘリ1機を飛ばし、山梨県内の65店に即席麺4000食を配送した。

ファミリーマートも、18日にヘリ1機を使い、長野県内の店舗におむすび2600食、パン2200食を配送。通常は山梨県と埼玉県内の工場から弁当などを供給しているが、17日以降は愛知県と福井県からの供給に切り替えた。山梨県内の店舗は、甲府市内に弁当工場があるため、米飯商品をある程度、納入できているという。

山崎製パンは、中央自動車道の通行止めで、長野、山梨両県の納入先に対する15~17日の配送がストップ。18日には、長野県内の一部店舗に向け、製品を限定して配送を再開した。19日からは全面的に配送を再開する予定だ。

次ページ業績への影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT