記録的大雪、流通業界への影響度はいかに

配送ルートの確保に四苦八苦、百貨店にも冷や水

記録的な大雪が関東甲信から東北にかけての広い範囲を襲った(写真:AP/アフロ)

2月14日から16日にかけて、関東甲信、東北を襲った記録的な大雪。各地の交通網を寸断し、経済活動にも大きな影響を与えた。特に影響が大きかったのが、流通業界だ。通常の配送経路が使えず、別ルートの開拓を余儀なくされた。

たとえば、セブン-イレブンは山梨、長野などの一部店舗への商品供給が滞った。17日にはヘリコプター2機を飛ばし、パンなど数千食を山梨県内の店舗に配送。翌18日には、ヘリを4機に増やし、カップラーメンやパンなど1万7000食を現地に届けた。その甲斐もあり、18日現在、休業している店舗はないという。

ローソンは、山梨県内の全102店舗に商品が納入できていない。群馬、長野両県については、店舗数を把握できていないが、納品できない店舗があるもよう。18日には、ヘリ1機を飛ばし、山梨県内の65店に即席麺4000食を配送した。

ファミリーマートも、18日にヘリ1機を使い、長野県内の店舗におむすび2600食、パン2200食を配送。通常は山梨県と埼玉県内の工場から弁当などを供給しているが、17日以降は愛知県と福井県からの供給に切り替えた。山梨県内の店舗は、甲府市内に弁当工場があるため、米飯商品をある程度、納入できているという。

山崎製パンは、中央自動車道の通行止めで、長野、山梨両県の納入先に対する15~17日の配送がストップ。18日には、長野県内の一部店舗に向け、製品を限定して配送を再開した。19日からは全面的に配送を再開する予定だ。

次ページ業績への影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT