災害復旧作業に潜む「意外な健康リスク」の正体 軽装での災害ボランティアはお勧めできない

拡大
縮小

――破傷風にはワクチンがあります。

1968年以降に生まれた日本人には定期接種が行われています。しかし、それ以前は自治体により差があります。まったく接種していない人も多いとみられ、破傷風のリスクについて知らない人もいると考えられます。このため、若い人よりも現在52歳以上の中高年のほうがリスクが高い。

また、子どもの時に接種していたとしてもほぼ10年で効果が切れますので、若い人でも災害ボランティアに行く前に追加で接種しておいてほしい。

「たかが風邪」とあなどってはいけない

――それ以外に注意すべきことはありますか。

土壌中の細菌には地域性もあるので今回の被災地と同じかどうかはっきりわかりませんが、霧状になった水から呼吸器感染するレジオネラ菌やフィリピンなどで洪水後に多い経皮・経口感染するレプストラ菌があります。ただ、国内での感染例はそれほど多くありません。

それよりも、東日本大震災や最近の豪雨災害などでいちばん多いのが単純な風邪です。たかが風邪とあなどってはいけない。避難所生活が長期化すればストレスがたまって体も弱りますから、こじらせて肺炎を起こす高齢者が多いという調査結果が出ています。

今年はインフルエンザの流行がすでに始まっていますし、風疹や麻疹の流行も終わっていません。集団生活ではノロやロタといった消化器系の感染症も多くなります。

予防するには、無理をしないこと、マスクをするなど咳エチケットを守る、手をしっかり洗うといった基本的な衛生管理が必要です。また、被災者自身の手では難しいことかもしれませんが、栄養バランスのいい食事も大切です。ボランティアに行く人も同じです。ケガをしたら傷口を良く洗って消毒することにも気を配ってほしいですね。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT