中国スマホ出荷、2年超ぶり前期比減少

昨年第4四半期の出荷台数は9080万台

2月13日、世界最大のスマートフォン市場となっている中国で、第4・四半期のスマホの出荷台数が2年以上ぶりに減少したことが分かった。写真は昨年3月、上海で撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 13日 ロイター] -世界最大のスマートフォン(多機能携帯電話)市場となっている中国で、第4・四半期のスマホの出荷台数が2年以上ぶりに減少したことが分かった。調査会社IDCが13日に調査結果を発表した。

同四半期の出荷台数は9080万台と、前期の9480万台から4.3%減少。2011年第2・四半期以来初めて減った。

IDCの上級リサーチ責任者、メリッサ・チャウ氏は「中国は世界からますますスマホ市場成長の原動力だとみなされるようになってきたが、この調査結果は最初のつまずきとなった」との見方を表明。「今後は新規顧客への販売より、既存顧客に対し新型機種に買い換えるよう説得するという骨の折れる過程が必要となっていくだろう」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。