中国スマホ出荷、2年超ぶり前期比減少

昨年第4四半期の出荷台数は9080万台

2月13日、世界最大のスマートフォン市場となっている中国で、第4・四半期のスマホの出荷台数が2年以上ぶりに減少したことが分かった。写真は昨年3月、上海で撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 13日 ロイター] -世界最大のスマートフォン(多機能携帯電話)市場となっている中国で、第4・四半期のスマホの出荷台数が2年以上ぶりに減少したことが分かった。調査会社IDCが13日に調査結果を発表した。

同四半期の出荷台数は9080万台と、前期の9480万台から4.3%減少。2011年第2・四半期以来初めて減った。

IDCの上級リサーチ責任者、メリッサ・チャウ氏は「中国は世界からますますスマホ市場成長の原動力だとみなされるようになってきたが、この調査結果は最初のつまずきとなった」との見方を表明。「今後は新規顧客への販売より、既存顧客に対し新型機種に買い換えるよう説得するという骨の折れる過程が必要となっていくだろう」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • シリコンバレー起業日記
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。