ペイパルのリブラ計画脱退は何を意味するのか

初のメンバー脱落、デジタル人民元を優先か

規制当局の標的になっているフェイスブックのザッカーバーグ氏(写真: REUTERS/Joshua Roberts)

規制に阻まれ、当初描いた理想は実現できない

日本経済新聞(9月12日付)のインタビューで浅川雅嗣・元財務官が「規制とリブラの関係を具体的に考えていくと、リブラの長所は消えかねない。リブラも決済手段であるからマネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐ国際ルールに従う必要があるだろうが、一定の送金には厳しい本人確認が求められる。そうなれば、世界中の誰でも手軽に低コストで送金できるようになる、というリブラの長所と逆行してしまう」と述べていたことは非常に示唆に富む。

規制当局の納得がいく仕様で稼動に至ったとしても、もはや当初理想としていた姿とはだいぶ異なるものになる可能性が高い。ペイパルの脱退表明はこうした悲観的な見通しが作用した結果ではないのか。いずれにせよ、10月中にはリブラ協会のメンバーが正式決定されるという中で、今回のペイパルの動きが「蟻の一穴」となりそのまま瓦解に向かうのか、それとも再びリブラを支持する企業が次々と現れるのか、リブラ計画は瀬戸際に来ている。

※本記事は筆者の個人的見解であり、所属組織とは無関係です。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。