LayerXが体制刷新、「重い産業」をどう変える

福島CEOが語るブロックチェーン業界最前線

――レイヤーエックスで研究している企業として、NTTデータや野村総合研究所(NRI)などを挙げています。

僕自身、彼らの出しているブロックチェーン関連のレポートをたくさん読んでいるし、中の人ともさまざまなディスカッションをしている。古くから銀行・証券系のシステムを作ってきた会社だけに、エンタープライズ向けサービスの経験や技術力は圧倒的だ。

一般には旧態依然とした会社というイメージを持たれているかもしれないが、ブロックチェーンの研究開発もかなり先進的で、相当ノウハウがたまっていると思う。

一方でリスクを取ってベンチャー的に事業を立ち上げていく、そういう面では僕らに分がある。というか、そこで勝てないと僕らを選んでもらう理由がない。

競合というより、近しいことをやっている、でもやり方が違うパートナーになれればと。ブロックチェーン活用、ことにエンタープライズ領域は、これまでのネットサービスと違い1社では完結しない。確実に他社のサービスが絡む中で、どう協調していくかがカギになる。

ネットベンチャーは成熟産業

――ご自身のnoteでは「次の10年」という、スタートアップにしては少し長めの時間軸を強調されていました。

1990年代、インターネットが出てきたころのベンチャーも、やっぱり10年先を志向していたんじゃないかと。今のネットベンチャーはある種、成熟産業化している。

事業立ち上げはこういうやり方で、宣伝投資を踏むのはこういうタイミングで、5年でIPOしましょう、みたいな。ほとんど定式化されてきて、優秀な人ならあまりリスクも取らずに成功できるようになった。それはそれでめちゃくちゃいいことだけど、レイヤーエックスが挑むブロックチェーン領域、しかも重厚な社会システムの変革はそうはいかない。

次ページ収益化は先でも、競争は始まっている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。