LayerXが体制刷新、「重い産業」をどう変える

福島CEOが語るブロックチェーン業界最前線

――レイヤーエックスで研究している企業として、NTTデータや野村総合研究所(NRI)などを挙げています。

僕自身、彼らの出しているブロックチェーン関連のレポートをたくさん読んでいるし、中の人ともさまざまなディスカッションをしている。古くから銀行・証券系のシステムを作ってきた会社だけに、エンタープライズ向けサービスの経験や技術力は圧倒的だ。

一般には旧態依然とした会社というイメージを持たれているかもしれないが、ブロックチェーンの研究開発もかなり先進的で、相当ノウハウがたまっていると思う。

一方でリスクを取ってベンチャー的に事業を立ち上げていく、そういう面では僕らに分がある。というか、そこで勝てないと僕らを選んでもらう理由がない。

競合というより、近しいことをやっている、でもやり方が違うパートナーになれればと。ブロックチェーン活用、ことにエンタープライズ領域は、これまでのネットサービスと違い1社では完結しない。確実に他社のサービスが絡む中で、どう協調していくかがカギになる。

ネットベンチャーは成熟産業

――ご自身のnoteでは「次の10年」という、スタートアップにしては少し長めの時間軸を強調されていました。

1990年代、インターネットが出てきたころのベンチャーも、やっぱり10年先を志向していたんじゃないかと。今のネットベンチャーはある種、成熟産業化している。

事業立ち上げはこういうやり方で、宣伝投資を踏むのはこういうタイミングで、5年でIPOしましょう、みたいな。ほとんど定式化されてきて、優秀な人ならあまりリスクも取らずに成功できるようになった。それはそれでめちゃくちゃいいことだけど、レイヤーエックスが挑むブロックチェーン領域、しかも重厚な社会システムの変革はそうはいかない。

次ページ収益化は先でも、競争は始まっている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT