日本人がやってしまう英語の「ダサいあいさつ」

NBA渡邊雄太選手が、英語を習得できたわけ

アメリカの場合、フォーマルなときとそうでないときのけじめのつけ方が日本以上にはっきりしているということもこちらに来て知りました。

例えばNBAの場合、選手が公の場でスラングを含めたののしり言葉(swear word)を使うと、数百万円単位の罰金を科されることがあります。それほど公私の線引きが厳格なのです。

とは言っても、何十億円も稼いでいるスター選手の中には、罰金などお構いなしに好きなようにののしり言葉を使いまくっていたりするので、その点はいかにもアメリカ的で面白いなと思います。彼らは罰金が数千万円になっても一切気にしないのです。

ちなみに、僕はいつも気をつけて答えているので、いまのところ公の場でののしり言葉を口にして罰金を科されたことはありません。

語学力は誰でも伸ばせる

渡米直後の生活は慣れないことの連続でしたが、ホームシックになることは幸いありませんでした。これはやはりバスケットボールの存在が大きかったと言っていいでしょう。普段の生活では困ることばかりだったのに、バスケットボールのコートにいると、日ごろの苦労から一気に解放されました。

もともとバスケットボールはアメリカから日本に伝わったので、日本で使われるバスケットボール用語のほとんどは英語です。そのため、コート上で交わされる英語に関しては、だいたい理解できました。コート上の僕は、打って変わって比較的自由にコミュニケーションが取れたのです。

バスケットボールがあったからこそ、僕はチームメートともすぐに打ち解けられ、彼らと四六時中会話を交わすうちに、英語もしゃべれるようになりました。

自分としては、大好きなバスケットボールに打ち込んでいただけなのに、それを介して英語力さえも習得することができたのですから「バスケットボールに巡り合えてよかった」と僕はいつも感謝しています。

『「好き」を力にする』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

こんな話をすると、「バスケットボールの才能があったから、最良の環境に恵まれて語学も習得できた」とか、「自分には参考にならない」と思う人もいるかもしれません。しかし、そんなことはありません。

誰であっても、得意なものや好きなものが1つや2つはあるはずです。音楽でもいいし、アニメやゲームでもかまいません。要は何でもいいのです。

SNSが普及し、さらには趣味のグローバル化が進んだ今、「得意分野」や「好きな趣味」さえあれば、外国の人たちと簡単に出会えますし、外国語でのコミュニケーションだっていくらでもできます。あとは、積極的にコミュニケーションを取るか取らないかの問題だけです。

「ずば抜けた語学の才能がなくても、自分の好きなものや趣味を通じて、いくらでも語学力は高められる」

僕は自らの体験を振り返って、そう強く実感しています。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。