大坂なおみへのAマッソ「謝罪」に抱く違和感

なぜ名前を出さず「特定の方」「ご本人」なのか

来年、大坂なおみが日本を代表して闘う「土壌」が日本にできているのか(写真:Kim Kyung-Hoon/ロイター)

世界テニス界の女王、大坂なおみは9月22日に行われた東レ・パンパシフィック・オープン決勝戦を制して優勝し、日本に再び栄光をもたらした。2020年の東京オリンピックでも、彼女の生まれた国である日本に金メダルを与えてくれそうだ。そんな大坂の試合が行われていたちょうど同じ頃、東京では若手お笑いコンビのAマッソが、大坂の肌の色に対して差別的なネタを披露していた。

報道によると、2人は漫才の中で「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤。あの人日焼けしすぎやろ」とやり取りしたとされる。お笑いのネタであれば“通る”と思ったジョークが予想外に批判を浴びたことを受けて、コンビが所属するワタナベエンターテインメントはホームページ上で、「著しく配慮を欠く発言を行った」ことについて謝罪。Aマッソもそれぞれ直筆で謝罪コメントを発表した。 

Aマッソと事務所の謝罪は何かが欠けていた

この行動自体はよかった。実際、最初にこのニュースを知ったときは、2人と事務所の素早い対応に対して日本は「改善」していると楽観的になった。今年1月に、日清食品が大坂なおみの肌の色を白くしたアニメーション動画を公開したときは、海外メディアが問題を指摘し、これに日本のメディアや日清が続いた格好だったが、今回はイベントに来ていた日本人からネタに対して疑問の声が上がったのだから。

日本人がこのダイバーシティや偏見といった問題を本当の意味で解決するには、日本人自身がこうした問題を放置することが日本のイメージ悪化につながったり、日本の発展の妨げになったりすることを理解しなければならない。

ところが、Aマッソおよび事務所の謝罪には「何か」が欠けており、その事実は私のこの事態に対する楽観的な気持ちを一気に吹き飛ばしてしまった。いずれの謝罪にも大坂の名前が入っていなかったのだ。

例えば、ワタナベエンターテインメントの謝罪文は「特定の方のお名前を挙げて、ダイバーシティについて配慮を欠く発言を行った件につきまして、お名前を挙げてしまったご本人(以下略)、関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」と、大坂の名前を挙げていない。

これが誠意ある謝罪のあり方なのかとまでは問わないが、コンビそして事務所の今回の「言葉の選び方」を見ると、双方とも今回「なぜ」謝罪しなければならなかったのか、そして、Aマッソによる不適切発言による影響を受けた人を明確にしなければならない理由を理解していないようなのだ。なので、ここは私がなぜを説明したいと思う。

次ページ日本人なのに「外国人扱い」された彼女
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナウイルスの恐怖
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。