「個人間カーシェア」は日本で普及するのか

「所有から共有」への流れに対する期待と課題

このような利用者の当事者意識が、事業者の想定を上回ることが、シェアリングエコノミー事業が成功するための必要条件となる。ライドシェアリングのウーバーやリフトでも事業の初期は、乗車の利益を運賃ではなく寄付金として捉え、乗せ手と乗り手との間でコミュニティーが生まれていった。その経緯を、筆者は実際に2014~2015年頃にアメリカで体験している。

アメリカでの過去事例、そして「Anyca」の現状から見て、「Anyca」はいま、スケール(事業の急成長)に入れるかどうかの正念場にいると感じる。スケールする過程では、現存するコアなコミュニティーを大切に維持しつつ、コミュニティーの拡大、または新種のコミュニティーが自然発生するための新たなる基盤づくりが重要になってくる。

CtoCカーシェアの応用編

そうした中、DeNA SOMPO Mobilityは8月から新サービス「0円マイカー」を始めた。これは、レンタカーとBtoCカーシェア、さらにCtoCカーシェアを融合させたような事業モデルだ。同社が個人に対してクルマを貸し出す。

その代わり、個人は自宅の駐車場スペースを提供し、この個人がAnycaの貸し手となる仕組みだ。クルマにはタイムズのBtoCカーシェアなどで採用されているカードリーダーを備えており、貸し手と借り手が対面しなくてもクルマの受け取りが可能だ。世界でも珍しい、CtoCカーシェア応用編である。

同事業の関係者は「まず都内で募集を開始し、これまでに契約は18台。関係省庁とは十分協議したうえで事業化した」と話す。

「Anyca」は現在までに、会員数が25万人以上、クルマの登録台数8000台以上、累積シェア日数13万日以上(DeNA SOMPO Mobility調べ)。CtoCカーシェア、はたしてスケールするのだろうか。その動向をしっかりウォッチしていきたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT