株投資でお金持ちになる「10銘柄投資法」とは

5年で資産を10倍にした「投資の達人」に聞く

私はできるだけ自分の生活に身近なところでテーマや銘柄を探すようにしています。

たとえば最近のケースだとサンリオです。同社が運営しているテーマパークにサンリオピューロランドがありますが、一時期に比べて明らかにお客さんの数が増えました。これは自分の子供と実際に出掛けてみて実感したことです。それに、かつてのサンリオピューロランドは、どちらかというと小さな子供たちを対象にしたテーマパークでしたが、今は大人も楽しめる施設になっています。結果、客層が明らかに広がり、来客数も過去最高を更新しました。

ほかにもアメリカのウォルト・ディズニー社とライセンス契約したマーケティング支援のレッグスにも注目しました。アラジンやトイストーリーとのコラボカフェを展開し大ヒットしています。カフェなどは高めの価格設定ながら連日満席となっており、グッズ販売も好調のようです。それだけ利益率向上も期待できますね。銘柄を選ぶ際には、セグメント(事業構成)の変化もみているのですが、その際は利益率の高い事業が伸びているかに注目しています。

「会社四季報プロ500」で旬のテーマを探す

逆に、自分の生活行動のなかで実感しにくいテーマや銘柄は避けるようにします。ちなみにテーマを見つける際には、「会社四季報プロ500」の巻頭に「今、注目しておいた方が良いテーマ」がしっかり掲載されているので、それを参考にしても良いでしょう。

ただ、テーマは時代に合っていると思うのに、なぜかそのテーマに関連した銘柄の株価が下げてしまうケースがあります。以前、防災関連銘柄に注目して投資したことがあったのですが、業績の上方修正があったのに株価は一向に振るわず、結果的に損切りせざるをえなかったことがありました。有望なテーマ、有望な銘柄でも、買うタイミングを間違えると投資は失敗します。

なので、今は買うタイミングを間違えないように、チャートをウォッチしてタイミングを捉えるようにしています。高いところは買いたくないので、押し目を形成して、そろそろ反転しそうな銘柄を買うのです。銘柄を登録できるサイトはいろいろありますが、私は「会社四季報オンライン」を活用しています。会員登録すれば、自分の好きな銘柄のチャートを、1画面に20銘柄表示できる機能がありますから、それを活用して、買うタイミングを待つようにしています。

次ページどんなタイミングで株を買うべきか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT