JR北海道「新たな自殺者」と「アル検拒否」の歴史

国交省鉄道局も「とうてい理解出来ず」と批判

〈世間は、バスやトラックの乗務員と同様、当然JR北海道もアルコール検査を全員行っているという認識である。ところが、一部の乗務員が前日飲んでいないことを理由に検査を受けないということについては到底理解出来ず、鉄道(JR北海道)には大勢のお客様に乗車していただいているという自覚がないのではないか〉
【( )内は筆者補足】

前出のJR北海道関係者が続ける。

「この(国交省による)立ち入り検査後も、中島社長は社員に対し、アル検の『完全実施』、つまりは、乗務員全員を対象にした、無条件での、アルコール検査の義務化を求め続けました。一方の組合側は、こんな、鉄道員として恥ずべき(国交省の)指導を受けても、その考えを改めることなく、(アル検をめぐる)会社と組合との膠着状態は、中島社長が亡くなるまで続いたのです」

鉄道の常識では考えられない事態

しかし、このアル検をめぐって、組合には妥協しないとした、JR北海道経営陣の姿勢は、中島社長の死を機に一変したという。関係者が続ける。

「中島社長の死後、坂本(眞一)相談役(14年1月に自殺)、小池(明夫)会長(14年4月に更迭)、そして柿沼博彦副社長(当時、後に特別顧問)らは、アル検について、以前、組合側が出してきた『酒を飲まない社員は登録制にして、検査の対象から除外する』という条件を呑んだのです」

この「アル検問題」をめぐるJR北海道労使の姿勢は、その後、メディアや国会、そして、JR北海道の利用客の猛批判を浴び、同社は導入から5年後の13年11月になってようやく、乗務員全員を対象にしたアル検を義務づけたのだ。

この列車の安全運行の根幹をなす「アル検」に対する、JR北海道労使の、世間の常識から逸脱した姿勢については、今回、上梓した『トラジャ――JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉』で詳述した。

ところが、冒頭で記した自殺した運転士は、亡くなるまでに「6回」も、そのアル検に引っかかっていたというのだ。JR北海道関係者が再び語る。

「運転士はアルコール依存症といってもいい状態で、最後(6回目)にアル検に引っかかっていたのが8月と聞いています」

この関係者の証言が事実ならば、運転士はそれまで5回にわたってアル検に引っかかっていたにもかかわらず、少なくとも8月まで乗務を続けていたことになるが、これにはほかのJR各社も首を傾げる。

次ページ通常、乗務員がアル検に引っかかれば…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT