JR北海道「新たな自殺者」と「アル検拒否」の歴史

国交省鉄道局も「とうてい理解出来ず」と批判

JR北海道は、どこへ向かっているのだろうか(写真:CRENTEAR/PIXTA)
国交省がJR北海道の運賃値上げを認可した9月5日、またしても「JR北海道社員が自殺」の報が入った。前回記事でとりあげたJR北海道・中島社長の自殺から8年後の、この社員の自殺の背景について、このほど『トラジャ JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉』を上梓した西岡研介氏が詳報する。

さらなる自殺者

10月1日からの消費税率引き上げに合わせ、1996年以来、23年ぶりの運賃値上げに踏み切った北海道旅客鉄道株式会社(JR北海道)。

『トラジャ JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

消費税率引き上げ分の転嫁を除けば、国鉄分割・民営化以降、2回目となる値上げを行うのは、JR旅客6社の中でもJR北海道だけだが、国土交通省が同社の運賃値上げを認可する前日の9月4日、1人のJR北海道社員が自殺しているのが見つかった。

亡くなったのは、JR北海道「岩見沢運転所」に勤務していた43歳の運転士。JR北海道社員の約8割が加入する同社の最大労組「北海道旅客鉄道労働組合」(JR北海道労組、約5500人)の組合員で、JR北海道労組札幌地方本部「岩見沢運転所分会」に所属していた。

JR北海道関係者によると、運転士は9月4日午後1時に出勤する予定だったが、勤務時間になっても職場に姿をあらわさなかったため、前述の岩見沢運転所分会の役員が、運転士の住む社宅まで探しに行ったところ、社宅のボイラー室で首を吊っているのが見つかった。関係者によると、この運転士は「自殺するまでに6回、アルコール検査に引っかかっていた」という。

アルコール検査(アル検)とは、警察が、一般ドライバーに対して行う「飲酒検問」と同様に、自動車運送(トラック、バス、タクシー)事業者や、鉄道・船舶・航空事業者が、アルコール検知器などを使って、乗務員(鉄道の場合は運転士と車掌)や船長、パイロットらを対象に、運転や乗務に支障をきたす酒気を帯びていないか検査することだ。

鉄道事業者でのアル検は通常、運転士や車掌の乗務前の点呼の際に、管理者立会いのもとで行われるのだが、自動車運送事業者と違い、これまで法律では義務づけられていなかった。

次ページしかし、今年10月からは…
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。