「伊藤忠ドール」が変える世界の果物流通

1569億円!伊藤忠の最大買収案件、仕掛け人に聞く

メイド・イン・ジャパンとメイド・バイ・ジャパン

伊藤忠ドールの掲げる2つ目の柱「ライセンスビジネス」は、他社にドールブランドの使用権を付与する事業だ。これは韓国メーカーが作るヨーグルトで、すでに商品化され、実績がある。この事業では、商品にドールのブランドロゴが使用されるだけでなく、品質管理や時には原材料、製造方法にまで入り込むこともある。消費者は「ドールは果物の会社だから、おいしいフルーツがたくさん入っているものだ」という印象を覚え、売れ行きも好調だという。

「日本の果物の品質は世界一」と語る山村氏

最後の「国内農業の活性化」については、日本のイチゴやリンゴなどの果物農家と契約し、できた果物を海外市場に向けて売っていく。ドールが策定する基準を満たした生産者に種や資材、肥料などを提供し、農家には作ることに集中してもらう。出来上がった果物は「メイド・イン・ジャパン」であり、ドールブランドであるため、「ほかとそうとう差別化できる」という(山村氏)。さらに、日本の高い技術とノウハウを海外の地場の生産地に移植した「メイド・バイ・ジャパン」の加工品を展開することも選択肢のひとつ。「日本の農業は、TPPでこれからどうなるかわからない。日本の農業が産業化され、競争力を持ち、生産者の方々の収入が上がっていく、そのお手伝いをしていかなくてはいけない」(同氏)。

取材中、よく飛び出したのが「クオリティ」という言葉だ。これは、米ドール創業者ジェームズ・ドールのモットー「クオリティ、クオリティ。クオリティ」を2人が引用したもの。創業者の思いを、アジアでは日本の伊藤忠ドールが引き継ぎ、「バナナとパイナップルで世界ナンバーワン」(山村氏)を目指す。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT