ラミレス監督「ファンに嫌われても有能」な証拠

「4番バッターを2番に起用」など奇策目立つが

また、あるときは、本来中継ぎで起用される投手を、あえて先発として起用し、1、2回の短いイニングを投げさせた後、本来の先発投手を“ロングリリーフ”として継投させる「オープナー」というやり方を導入したこともある。これは、近年メジャーリーグでも少なからず見られる投手起用法だが、残念ながら、あまりよい結果は残せなかった。

そのほか、突然の新人起用や、意外性を感じる打順や守備位置など、今シーズンのラミレス監督の采配は、つねに賛否両論を呼んでいたが、今年に関してはとくに批判が多かったようにも思える。

実際、9月21日に、読売ジャイアンツが横浜DeNAベイスターズとの直接対決に勝利し、優勝を決めた瞬間、SNS上で(優勝を逃したら、ラミレス監督が解任される可能性もあるかもしれないという期待を込めて)「優勝できなくてよかった」と、一部のファンたちがコメントするほどだ。

ラミレス批判は的外れ?

だが、ラミレス監督の采配は、本当に批判されるべきものなのだろうか。セントラル・リーグにおける横浜DeNAベイスターズのチーム成績を見ると、必ずしも、そうとは言えないはずだ。

9月23日時点のチーム成績を見ると、以下のようになる。

得点:4位
失点:2位タイ
安打数:6位
本塁打:3位
盗塁:6位
打率:5位タイ
出塁率:6位
併殺打:2位
防御率:5位
与四球:2位

この成績を見るだけで、今シーズンの横浜DeNAベイスターズが、どんな攻撃をしていたかが(あまり野球に詳しくなくても)わかるはずだ。まず、よく点を取られる。一方で、そもそもヒットが出ない。ヒットが出ても、打線がつながらない。機動力もほぼ皆無。ホームランを打たなくては勝てないチームであることが容易に想像できる。

次ページそれでも横浜が「2位」になれた理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。