選手の「ネット投稿禁止」が何も生まない理由

原辰徳監督の「SNS利用禁止令」にもの申す

監督がSNSを利用禁止にしようと考えてもおかしくはない状況ではあるものの…(写真:共同通信)

読売ジャイアンツの原辰徳監督が所属選手たちに「SNSの利用禁止」を予告したという報道が、スポーツ関係者のみならず、ネット上に広く反響を呼んでいる。

同監督が本当に自軍の選手関係者らにSNSの利用禁止を指示したかどうかは定かではない。だが、読売ジャイアンツは昨年、チームの若手選手が羽目を外しすぎた様子がSNS上に流出し話題を集めた。最終的に球団は、当該選手に対して謹慎処分を科しており、監督がSNSを利用禁止にしようと考えてもおかしくはない状況ではある。

読売ジャイアンツに限らず、他球団でも選手のSNS上での発言が大きな波紋を呼ぶケースが起きている。たとえば2013年に、ある選手が「当時、女子高生が交際相手に殺害された」という事件について「自業自得」だという趣旨の発言をツイートしたことで、球団に対して抗議が殺到した。結果的に当該選手は自宅謹慎を命じられ、球団社長が公式サイト上で謝罪を行うという事態に発展した。

「SNS利用」に不慣れな日本の野球業界

選手のSNS利用に関するトラブルは、こうした社会的に非難されるケースに限った話ではない。試合中に起こった故意であるか否かの際どいプレーに際し、マスコミに対しては「故意ではない」と説明していたにもかかわらず、SNS上ではファンに対して「故意にやった」とも取れる発言をし、炎上したケースもある。

また、試合中の監督の采配について自分の意見を述べたことでチームや監督批判と取られて物議を醸し、結果的に自分の選手生命を縮めてしまう選手もいれば、戦力外通告を受けた直後、球団からの公式発表よりも先にSNS上で自らフライングする形で発表してしまうといったような、チームとしての機密事項や内部事情を表に出してしまう選手などもいる。

さて、冒頭の報道に対するインターネット上の反応だが、「時代に逆行している」など非常に否定的な意見が多く飛び交っているのは想像に難くない。

次ページSNS活用がうまい田中将大選手
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。