7カ月ぶり既存店増収、マック復調は本物か

1月の既存店売上高は前年比3.4%のプラス

カサノバ社長の手腕で、かつての勢いを取り戻せるか(撮影:今祥雄)

再起を誓った2014年のスタートは、はたして本当に上々の滑り出しだったのか――。

日本マクドナルドホールディングスは2月7日、今年度の初月となる2014年1月の月次売上状況を発表した。既存店売上高は前年比3.4%増を記録し、昨年6月以来のプラスとなった。

既存店が上向いた要因は、1月7日から投入した「アメリカンヴィンテージ」という期間限定メニューだ。これまでの限定メニューはビーフ中心だったが、今回のキャンペーンではラインナップにチキンも加えることで、女性客など幅広いニーズの取り込みを狙った。

客数減に歯止めかからず

売上高だけで判断すれば、キャンペーンは功を奏したように見える。だが、そもそも昨年1月は目立ったキャンペーンを打たなかったこともあり、既存店売上高は前年同月比17.0%減と大幅に落ち込んだ月(客数8.1%減、客単価9.7%減)だった。つまり、前年超えのハードルはそこまで高くなかったわけだ。

ところが、1月の既存店売上高3.4%増を分解すると、客単価が9.2%増になったのに対し、客数は5.3%減というのが中身だ。キャンペーンを打たなかった前年より、キャンペーンを打った今年のほうが客数は減少してしまったことになる。

「2013年は魅力的な商品を提供できなかった。マクドナルドにしかない独自性が十分に伝わっていない」。事業会社である日本マクドナルドの社長兼CEO(最高経営責任者)のサラ・カサノバ氏は、2月6日の2013年度決算会見で苦戦した昨年をこう振り返った。

実際、昨年の既存店売上高は前年比6.2%減。通期でみると客単価が上昇したものの、客数の落ち込みがあまりにも大きかった。昨年の10~12月に至っては客数が2ケタ減という状況が続いた。今年は年初からキャンペーンを打ち、スタートダッシュにつなげる構えだったが、ふたを開ければ客数減のトレンドを変えることはできなかった。

次ページ客数回復の具体策は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT