トランプ米大統領、戦略石油備蓄の放出を承認

サウジアラビアの石油施設への攻撃受け決断

 9月15日、トランプ米大統領は、サウジアラビアの石油施設への14日の攻撃を受け、必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと明らかにした。米メリーランド州で12日撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 15日 ロイター] - サウジアラビアの石油施設への14日の攻撃を受け、トランプ米大統領は15日、必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと明らかにした。

大統領は、今回の攻撃によって原油価格に影響が及ぶ可能性を踏まえ、「必要なら戦略石油備蓄を放出することを承認した」とツイッターに投稿した。放出量については未確定だが、市場の潤沢な供給を維持する量になるとした。

大統領はさらに「テキサス州などで認可手続き中の石油パイプラインの承認を加速するよう関係当局に指示した」と明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。