トランプ米大統領、戦略石油備蓄の放出を承認

サウジアラビアの石油施設への攻撃受け決断

 9月15日、トランプ米大統領は、サウジアラビアの石油施設への14日の攻撃を受け、必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと明らかにした。米メリーランド州で12日撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 15日 ロイター] - サウジアラビアの石油施設への14日の攻撃を受け、トランプ米大統領は15日、必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと明らかにした。

大統領は、今回の攻撃によって原油価格に影響が及ぶ可能性を踏まえ、「必要なら戦略石油備蓄を放出することを承認した」とツイッターに投稿した。放出量については未確定だが、市場の潤沢な供給を維持する量になるとした。

大統領はさらに「テキサス州などで認可手続き中の石油パイプラインの承認を加速するよう関係当局に指示した」と明らかにした。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。