日経平均株価は7日続伸、円安も支援材料

自動車株堅調、東証1部売買代金も約2.7兆円

 9月11日、東京株式市場で日経平均は7日続伸した。前日までの堅調地合いが継続し、朝方から幅広い銘柄で買いが先行。利益確定や戻り売りをこなしながら上値を伸ばした。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 11日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は7日続伸した。前日までの堅調地合いが継続し、朝方から幅広い銘柄で買いが先行。利益確定や戻り売りをこなしながら上値を伸ばした。ドル/円が米長期金利の動きに合わせて107円後半まで一本調子に上昇したことも、自動車や機械など主力輸出関連株の支援材料となった。終値ベースでは7月30日以来の高値を付けた。

日経平均は前営業日比74円高で寄り付いた後、じり高で推移。後場に入って一時200円超に上げ幅を拡大した。13日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を前にした先物の売買で上昇の勢いを強めたとの指摘もあった。

市場からは「2万1500円近辺ではコールの建玉が残っていた。2万1500円を超えると、コールの売り手が先物を買って損失を埋めようとする動きが出る。前場でも2万1500円を超える場面はあったが、お昼ごろから動き始める傾向があるため、様子見ムードだった。後場では2万1500円を超えて安定してきため、先物主導で上昇にスピード感が出てきた」(運用会社)との声が聞かれた。

TOPIXは5日続伸。東証1部売買代金は2兆7371億円と膨らんできた。東証33業種では不動産、その他製品以外の31業種が値上がり。鉱業、証券、銀行などが値上がり率上位に並んだ。

市場では、グロース株優位のサイクルがバリュー株優位にシフトし始めているとの見方が出ていた。実体経済が比較的しっかりしている中、金融政策が緩和方向にあることがバリュー株の追い風になっているという。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>などメガバンクが堅調に推移した。

このほか、為替の円安を背景に輸出関連株が買われた。トヨタ自動車<7203.T>は7月に付けた年初来高値を更新し、ほぼ高値引けとなった。ホンダ<7267.T>やファナック<6954.T>などもしっかり推移した。

取引時間中に自民党の役員人事や政府の組閣の顔ぶれが伝わったものの、ほとんど材料視はされなかった。「追い詰められて内閣改造したわけではない。株価にマイナスとはならないが、大きなインパクトを与えるものでもない」(国内証券)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1845銘柄に対し、値下がりが264銘柄、変わらずが42銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21597.76+205.66

寄り付き    21466.66

安値/高値   21437.82─21619.21

 

TOPIX<.TOPX>

終値      1583.66 +25.67

寄り付き    1563.99

安値/高値   1563.47─1583.66

 

東証出来高(万株) 168549

東証売買代金(億円) 27371.38

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT