日経平均は5日続伸、今週の注目点は何か

前週の好地合いを引き継いだが、再び薄商い

 9月9日、東京株式市場で日経平均は5日続伸。前週末は米国株主要3指数がまちまちだったものの、先週までに政治リスクに対する懸念が後退したことで、好地合いを引き続く形で上値を追う展開となった。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は5日続伸。前週末は米国株主要3指数がまちまちだったものの、先週までに政治リスクに対する懸念が後退したことで、好地合いを引き続く形で上値を追う展開となった。外為市場でドル/円が106円台後半で推移するなど、円高懸念も薄れていることも買い安心感を誘っている。ただ、戻り売りに対する警戒感もある一方で、新たな買い材料も見当たらないため、後半は一進一退の動き。東証1部の売買代金は再び2兆円を割り込み、薄商いとなった。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が6日の討論会で追加利下げのシグナルと見なされるような発言をしたことや、8月雇用統計が米国の利下げを正当化する程度に軟調だったことが注目されており「米国株が目先的に大きく崩れる要因は見当たらない。引き続きショートカバーが見込まれ、需給面では積み上がった裁定売り残が13日のメジャーSQ(特別清算指数)算出に向け、どうなるかが関心を集めそうだ」(国内証券)との声が出ていた。

一方、「香港情勢は依然厳しく、ブレグジット問題の行方も混沌としている。米中対立も緊張と緩和を繰り返してきたことを考えれば楽観はできない。今の状況で2万1500円より上を目指すのは難しい」(三木証券・投資情報課長、北澤淳氏)との指摘もあるほか、価格帯別累積出来高からは時価水準より上値で戻り売りが多くなるとみられ、目先的に休養場面が訪れても不思議ではないとみる関係者もいる。

TOPIXも続伸。業種別では、全33業種の中で金属製品を除いて32業種が上昇した。

個別銘柄では、トヨタ自動車<7203.T>、ソニー <6758.T>など主力輸出株に堅調な銘柄が目立ったほか、東京エレクトロン<8035.T>もしっかり。半面、ファーストリテイリング<9983.T>、ソフトバンクグループ<9984.T>などがさえない。

東証1部の騰落数は、値上がり1696銘柄に対し、値下がりが368銘柄、変わらずが87銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21318.42 +118.85

寄り付き    21214.56

安値/高値   21182.26─21333.51

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1551.11 +14.01

寄り付き     1538.49

安値/高値    1538.13─1551.11

 

東証出来高(万株) 96437

東証売買代金(億円) 17087.82

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT