ホンダ「新型N-WGN」のデザインは何が売りか

試乗会で感じたマツダ3との意外な共通点

カスタムのインパネ(筆者撮影)

運転席でありがたかったのは、ホンダの軽自動車で初めてチルトステアリングを採用したことで、ドライビングポジションの自由度が上がった。ハッチバックのように背もたれを傾けたスタイルが取れるので、リラックスして乗れる。

後席は座面の傾きが少ないのが残念だが、座り心地は良好だ。スライドを最後方から少し前に出すと、フロアに少し傾きがついた場所に足を置くことになるので、自然な姿勢になる。この状態でも身長170cmの自分なら足は楽に組める。

ここまでN-WGNカスタムについて記してこなかったのは、標準型のレベルが高かったためもある。クロームメッキの細かいパーツを整然と並べたフロントグリル、チタンカラーをあしらったインテリアなど、やんちゃな感じが薄れて落ち着いた雰囲気にはなっているものの、まだカスタムという名前に縛られている感じもする。標準型に負けないフレッシュな提案をしてほしかった。

背が低いほうがデザインや走りの自由度は高い

走りについても少し触れておく。今回は自然吸気エンジンの標準型とターボのカスタムに乗った。グレード名はどちらもLホンダセンシング。ちなみに新型N-WGNは、予防安全装備のホンダセンシングは全グレードが標準装備する。

新型N-WGN カスタムLターボホンダセンシング(筆者撮影)

同じグレードのN-BOXより約50kg軽いためもあり、加速は自然吸気でも充分だ。5000回転を超えると音が目立つようになるが、そこまで使うことはほとんどない。もちろんターボのほうが力強いけれど、おとなしく走っているときの静粛性は自然吸気のほうが上だった。

全高が100mm以上N-BOXより低いことを生かしたのだろう、標準型のサスペンションはかなりソフトだ。カスタムも硬いわけではないが、前者のほうがキャラクターに合っていた。レベルの高い予防安全装備のおかげもあって、軽自動車らしからぬリラックス感が得られる。

今の軽自動車の人気の中心はN-BOXを含めたスーパーハイトワゴンだが、背が低いほうがデザインや走りの自由度は高いことを、新型N-WGNは教えてくれる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。