ホンダ「新型N-WGN」のデザインは何が売りか

試乗会で感じたマツダ3との意外な共通点

この広告は、2輪車に邪悪なイメージを持っていたアメリカ人に向けて、主婦や親子、若いカップルが生活のパートナーとしてスーパーカブに乗るイラストを提示することで、イメージを一新しようという目的で作られた。目論見は成功し、ホンダの2輪車はクリーンでスマートなイメージを持つようになった。

新型N-WGNの試乗会の際にテーブルに敷かれていたランチョンマット(筆者撮影)

デザイナーの中には、スーパーカブの4輪版を作りたいという思いもあり、その気持ちがランチョンマットになったという。ホンダはF1に参戦しスポーツモデルを生み出す一方、「N360」や「シティ」などセンスのよい実用品を提供してきた会社でもある。その精神で軽自動車を作ろうという気持ちがあったようだ。

こういう流れの中ではカーデザインにありがちな勢いや迫力は出てこないはずであり、そのための線を使わずに形にできたということなのだろう。でもただシンプルに作っただけでは、無味乾燥な道具で終わってしまう。新型N-WGNにはそうならないための工夫が込められている。

デザインと生産現場の密な連携

一見平板に見えるボディサイドは、実際は緩い曲面を描いている。乗員の肩の位置を盛り上げることでゆとりを表現したあと、下に向けて凹んでいくが、サイドシル付近で再び外に出ている。フェンダーも明確に張り出しているので安定感がある。

シンプルなサイドパネル(筆者撮影)

マツダ3の記事でも書いたが、ボディパネルはキャラクターラインがあるほうが合わせるのが楽であり、線ではなく面で魅せる形を作るのは大変だという。ホンダの場合もマツダと同じように、デザインと生産現場が密にコミュニケーションを取ることで実現したそうだ。

マツダ3と共通する点がもうひとつある。ドアを開けた際に見えるピラー内側の造形にもこだわっていることだ。ユーザーがドア開けたときに目にする場所であることから、この部分もしっかりデザインした。

フロントマスクは、標準型のそれはかつての軽商用車「ステップバン」を思わせるという声もあるが、それとは別の理由でこのような顔になった。

次ページ重い荷物を楽に載せられる工夫
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。