再開発真っ只中「西武の城下町」所沢の栄枯盛衰

人口はここ数年頭打ち、タワマンも建設中

その所沢駅付近を歩くと、ただいま再開発の真っ最中という感触を得る。駅と直結する商業施設として、西武グループの駅ビル・グランエミオが昨年3月にオープンし、その第2期が来年夏オープン予定。西口側や、新たに改札口が設けられる南口方面まで売場面積は広がる。

西武所沢S.C.裏に建設中の29階建てタワーマンション(筆者撮影)

駅前の西武所沢S.C.も開店33年目の大リニューアルを進めている。その裏側の、かつての西武鉄道の車両工場跡地を含むエリアには住友不動産が29階建てのタワーマンションを建設中。この低層階にも商業施設が設けられ、所沢駅とは歩行者用デッキで直結する計画になっている。

駅前のメインストリートである商店・プロペ通りを歩いていくと、街は賑やかだが並んでいるのはほとんどがチェーン店。地元所沢ならではという店は、狭山産の銘茶などを商う日本茶の店や武蔵野うどんの店など数店しか見当たらない。

再開発という大変革の時が訪れている

プロペ通りの入口付近にあった丸井所沢店は2007年に閉店。また、プロペ通りを抜けたファルマン通り沿いにはイオン(以前はダイエー所沢店)があるが、9月末閉店予定だ。

ファルマン通り入り口のイオンは9月末閉店予定(筆者撮影)

この辺り、所沢駅から徒歩約5分のファルマン通りには、昔ながらの地元の個人商店が見つかる。しかし、この一帯は近年タワーマンション街と化していて、ざっと見たところ10棟近くの20階建て以上の大規模マンションが建ち並んでいる。

所沢が首都圏のベッドタウンとして大躍進を遂げ、その反面ダサいタマの象徴ともなった1980年代から30〜40年を経た今、この土地に再開発という大変革の時が訪れている。人口減少社会において、ここ数年所沢の人口も頭打ち状況。ここで郊外都市としていかにして生き残っていくかが正念場となっているようだ。

所沢市内の変化は、所沢駅周辺のみではない。西武鉄道文化圏からは若干離れたJR武蔵野線の東所沢駅付近の所沢浄化センター(下水処理場)跡地の再開発として、出版大手のKADOKAWAが所沢市との共同事業としてCOOL JAPAN FOREST構想・ところざわサクラタウンの建設を進めている。タウンのオープンは来年春。次回は、この東所沢でどんな変化が起こりつつあるのかを探ってみたい

(文中敬称略)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。