1回3万円、中国人が「銀座の美容院」に通うわけ

日本でやりたいこと上位にヘアカット急浮上

こうしたインバウンド需要を積極的に取り込もうとしているのが、ヘアサロン「モッズ・ヘア」の運営などを手がけ、ジャスダック上場のエム・エイチ・グループだ。2015年に中国系ファンドに買収され、2017年に中国出身の朱峰玲子氏が社長に就任した。

2017年に社長に就任したエム・エイチ・グループの朱峰社長(撮影:今井康一)

同社は現在、国内で直営サロン15店、フランチャイズのサロン48店を運営している(2019年6月末)。そのうち、銀座や新宿といった中国人観光客がよく訪れるエリアでは、通訳などの中国人対応を強化している。

朱峰社長は「2015年に中国人による『爆買い』ブームが起きたときに、次に来るのはサービス事業だとひらめいた。(それ以降)中国人観光客の対応を強化した(している)」と話す。

通訳セット付きのコースで3万~5万円

中国人観光客の間では美容整形のニーズも高まっている。そこで、医療ツーリズムを手がける医療コーディネーター運営会社や旅行会社8社(7月末時点)と提携し、中国人観光客を紹介してもらっている。

『週刊東洋経済』9月2日発売号では、外国人観光客の最新トレンドを特集。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

口コミや友人の紹介などを通じてエム・エイチ・グループを知り、直接同社に問い合わせてくる客も多い。冒頭に登場した親子は、まさに直接のやりとりで日程を調整した。

中国人観光客用に、わかりやすいセットプランも用意している。カット、パーマかカラー、トリートメント、頭皮マッサージのセットで3万2400円。パーマとカラー両方が付くと、5万4000円になる(いずれも税込み、中国人スタッフによる通訳サービス付き)。高額な値段設定にもかかわらず、直営店合計で月に20人以上が利用することもあるという。

エム・エイチ・グループ以外にも、中国人観光客を受け入れる美容院は大都市圏を中心に増えている。一方で、多くの美容院では受け入れ態勢に課題が多い。朱峰社長は「時間どおりに客が来ないこともある。中国人の生活習慣に合わせて対応するのは難しい」と指摘する。通訳の中国人スタッフを確保するのも、決して容易ではない。

中国人観光客の美容院人気は当面衰えることがなさそうだが、はたしてどこまで需要を取り込めるか。美容院側の臨機応変の対応が求められる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT