1回3万円、中国人が「銀座の美容院」に通うわけ

日本でやりたいこと上位にヘアカット急浮上

アメリカから来日し、銀座の美容室で髪をカットしてもらう中華系観光客(撮影:今井康一)

今年8月上旬。東京・銀座にあるヘアサロン「モッズ・ヘア」の店内をのぞくと、中華系の若い女性が髪をカットしてもらっていた。その傍らには母親が座り、娘の様子を見守っていた。

母親は40代、娘は10代で、アメリカのロサンゼルスから観光で来日したという。「中国のテレビ局で働く知人が、この美容院を紹介してくれた」と母親は笑顔で話す。

カットしていたのは、若い女性に人気のある同店の店長だ。傍らには、中国語で顧客の要望を聞く通訳の女性スタッフがついていた。

SNSや動画をみて、日本の美容室が人気に

現在、髪のカットやヘアカラーなどスタイリングのサービスを目的に来日する中国人観光客が増えている。

調査会社「トレンドExpress」が今年1月から8月末までに行った調査によると、「中国人が日本でやりたいことトップ10」の1位は買い物、2位は温泉。10位に「美容院に行きたい」がランクインしている。2018年の同期間に行われた調査では、「美容院に行きたい」は19位で、美容院人気が上昇している(データはSNS上の口コミ分析によるもの)。

「SNSでの口コミや動画投稿が急増していることを受け、日本の美容院で髪を切りたい女性が増えている。ここにきて男性の需要も増えている」。トレンドExpressのWeb媒体編集長、森下智史氏はこのように話す。

中国の現地事情に詳しい三菱総合研究所の劉瀟瀟氏も、「若者が日本の美容院に行って、おしゃれになって中国に帰ってくるのを見て、中高年層も日本の美容院を利用するようになった」と語る。中国と違い、日本の美容師は国家資格で、どの美容院でも一定の質が担保されていることも人気につながっているようだ。

次ページインバウンド需要を取り込むエム・エイチ・グループ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。