「子供がいても保険は不要」と怒る夫の説得法

さすがに「無保険」状態は放置しない方がいい

実は、夫が死亡してから、妻の「収入」は遺族年金だけではありません。まず老齢基礎年金があります。今回の妻は年金未納期間があり、老齢基礎年金は現段階で年間60万円。90歳までに受給する老齢基礎年金は約1500万円です。

一方、現在パートで100万円の年収がありますが、60歳まであと19年働くと1900万円になります。これに会社員の夫の死亡退職金もあります。退職金1500万円と見積もると、夫Aさんが亡くなったとき、妻B子さんの「収入」の合計は9402万円となりました。

一方「収入」だけでなく、夫が死亡してからの「支出」も計算しておく必要があります。現状で、住居費以外の生活費についてB子さんに確かめたところ、年間360万円ほどでした。下の子どもが大学を卒業して自立する22歳まであと15年ありますが、それまでに360×15=5400万円の生活費がかかります。その後は妻1人の生活になりますが、生活費が減って月に20万円程度とすると、90歳までで合計8160万円となります。

住居費については、住宅ローンには団体信用生命保険がついていましたが、ローン以外の修繕管理費や固定資産税が今から90歳までで3430万円。現状では教育費の準備もできていないため、子ども2人で600万円以上、葬式代や車買い替えでも一定額はかかりそうです。これらを合わせると、夫が亡くなってからの「支出」は、合わせて1億8090万円になりました。

「遺族が困る金額」と「保険の必要保障額」

この収支(収入-支出)を計算すれば、夫に今、万が一のことがあった場合、「遺族(妻と子ども2人)が困る金額」が判明します。

9402万円-1億8090万円=-8688万円

不足して困る金額は8688万円です。

そして、この「不足して困る金額」をもとに、保険で賄うべき必要保障額をはじき出していきます。

B子さんに現在加入している死亡保険を聞くと、終身保険300万円と収入保障保険が2640万円相当とのことでした。今の保険のままだと、5748万円の保障が足りないことがわかります。もちろん、生活の条件を変えることによって、この額は変わってきますが、夫Aさんに万一のことがあっても困らないように、5748万円を基準として賄えるよう、保険を見直すことになりました。

この額の大きさには、かなりの賛否があると思います。「ここまで必要ない!」という人も少なくないでしょう。しかし、大事なのはこうして数字を出すことです。具体的な不足額、すなわち必要保障額を知ると、保険嫌いの人でも、加入や見直しを考えようとするものです。生活費など「支出」の見直しから貯蓄を増やしていくことができれば、必要保障額を下げたり、保険を減らしたりすることも可能でしょう。

今回のケースでは、こうした金額をはじき出す過程を詳細に示すことで「保険嫌いの夫」も、保険が役立つことも知っていただけると思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT