「子供がいても保険は不要」と怒る夫の説得法

さすがに「無保険」状態は放置しない方がいい

夫は保険嫌い、妻は現在の無保険な状態が心配……。そんなときに大事なのは「必要保障額」を把握することだが、どうやって計算すればいいのか(写真:polkadot/PIXTA)

「保険好き」と言われる日本人は、「過剰保険」のおかげで万一のときに「保障が足りない!」という事態に見舞わずにすんでいるかもしれません。しかし、筆者のもとに家計相談に来る方々の中には、「保険嫌い」もときどきいらっしゃいます。保険嫌いが原因で、必要な保障が足りていないこともあるのです。

もちろん、保険は「たくさん入れば安心」というものではありませんが、「まだ貯金が少なく、万一のときに残された家族が困るかもしれない」という人などは、保険で備えておくほうがよい場合もあります。

死亡保険加入を妻に提案され、激怒する夫

今回は、明らかに備えが足りないにもかかわらず、保険の見直しがうまくいっていない夫婦のケースを紹介します。聞けば、夫は妻の保険の増額の提案に激怒。妻は不安に感じているものの、夫が大の保険嫌いなのです。

41歳の妻B子さんは「貯金が少ないうえに保険も足りないような気がして……」と不安な様子です。スーパーの隣にある保険ショップに足を運んだこともあるとのこと。そのときも「保険が足りないのでは?」と指摘され、家に帰って夫に見直しを相談したそうです。すると、夫のAさんは激怒。「お前は、俺が死ぬことを考えているのか!」と怒鳴られてしまいました。

何とか夫をなだめ、B子さんは一緒に相談にやって来ました。「死亡保険の加入を考えたい」とのことでしたが、この場合、夫の年齢や子どもの人数だけではなく、公的な保障も計算に入れて「遺族がどれくらい金銭的に困るか」をはじき出し、保障額などを検討することが必要です。ねんきん定期便も使って遺族年金を計算し、老齢基礎年金や死亡退職金、さらには日々の生活にかかる支出も勘案して、必要保障額をはじき出しました。

次ページまず、ねんきん定期便をもとに遺族厚生年金を算出する
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT