40代でもお腹が凹む!「正しい座り方」3大秘訣

「いすの高さ、姿勢…」、その座り方でOK?

【座ってできる「ゾンビ体操」】
① いすに浅く腰かけて、背筋を伸ばし、お腹に力を入れる。

 

②上半身だけイヤイヤ運動をする(30秒間)。

 

③腰の位置はそのままで、上体を倒して背もたれに背中をつけ、両手でいすをつかむ。

 

 

④ ③の姿勢から、片足ずつもも上げを行う(左右交互に3回ずつ)。

 

「小さな積み重ね」が「大きな成果」につながる

背もたれに寄りかかったりして「正しい座り方」をしていないと、行動も気持ちもダラダラしがちです。「正しい座り方」をしているだけで、動くことも苦にならず、気持ちも前向きになれます。

「正しい座り方」を意識することは小さなことかもしれませんが、こういう「小さな積み重ね」がとても大切で、最後は「40代でもお腹が凹む」という「大きな成果」につながることが期待できます。

また、「正しい座り方」を意識して実行していけば、「内臓脂肪」を落として「美しいスタイル」「カッコいい外見」を手に入れることにつながります。

どうせ毎日座るなら、「正しい座り方」を身につけることで、「見た目」も「心」も若返った「健康な体」に近づけていける、私自身は実体験からそう確信しています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。