会社でやりたいことができない41歳女性の葛藤

夫の転勤に合わせてパートを転々としてきた

その際に、頂戴したご相談にあるとおり「技術職を選んだのは求人が多く潰しが利く」とありますが、正直その程度(といっては大変失礼ですが)の動機では覚悟のある行動につながらない可能性のほうが高いと感じますので、もっと真剣に「何がやりたいのか」「なぜやりたいのか」を考えるようにしましょう。

繰り返しですが、人生の大きな一部である仕事に関する意思決定は、ご自身が「どう生きたいのか」という人生の選択と同一です。

そのような重大な意思決定であるがゆえに、より真摯にご自身と向き合い、ご自身のキャリアと人生について考え方を整理して、「自分にとっての正解は何か」をとことん考えるべきなのです。

そこがスタート地点となります。

自分ならではの「人生における地図」を手に入れて

そのようにしてゴールが見えれば、あとはゴールに向かってどのルートで走り出すのかという「人生における地図」をご自身で描き始めればよいのです。

現在の会社に残る、または転職するという行動はいずれも単なる手段であって、ゴールでも目的でもありません。

「何のために」行動するのか。その前提が大切ですし、前提がしっかりとしていないといけません。前提がしっかりとしていれば、行動や言動に説得力が生まれます。

そうすれば現在の会社でもやりたい仕事を任せてもらえるかもしれませんし、転職面接において熱心さが伝わる可能性もあるでしょう。

人生もキャリアもこれという唯一の正解のない、先の見えない長い旅です。先が見えない長旅であるからこそ、途中で迷わないように自分自身の考えの整理に基づく自分ならではの地図が必要なのです。そういった地図を手にして初めて、進むべき道に向かって歩み出せるというものです。

広田さんが、ご自身の考えを整理され、人生における地図を手にしたうえで将来への一歩を歩みだすことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング