サムスン電子、ギャラクシーS5発表へ

今月24日に主力スマホの最新版がお目見え

2月4日、韓国のサムスン電子は、同社の主力スマートフォンの最新版「Galaxy S5」を今月24日に発表する。ソウルの本社で1月撮影(2014年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 4日 ロイター] -韓国のサムスン電子<005930.KS>は、同社の主力スマートフォン(多機能携帯電話)の最新版「Galaxy(ギャラクシー)S5」を今月24日に発表する。ただスマホ業界の競争が激化するなか、S5の発売が同社のスマホ販売台数を大幅に押し上げることへの期待度は低い。

サムスンは4日、バルセロナで今月開催される世界最大級のモバイル見本市「モバイル・ワールド・コングレス」において同社が24日に企画するS5発表イベントへの招待状を送付した。

アナリストによると、S4の販売台数が予想を下回ったことを受け、S5の発表は当初の予定から約3週間前倒しされたという。

S5については、スクリーンの大型化、裏面カメラの機能向上、虹彩や指紋などによる生体認証機能の搭載が予想されている。また、スマートウォッチ(腕時計型端末)「ギャラクシー・ギア」の改良版も同時に発表される可能性がある。

業界見本市でのサムスンの製品発表は、これまでの派手なマーケティングからコスト重視に転じた姿勢の表れといえる。

ライバルの米アップルは年内に大画面スマホを発売するとみられており、ギャラクシーS5の大画面化はさほど売り上げにつながらない可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT