認知症の母と暮らす脳科学者が見つけた"希望"

自信を失う生活の中、自尊心をどう支えるか

――実況が好き……というわけではありませんでした。母はテレビで野球中継を見る以上に、台所で料理を作りながらラジオの野球中継をよく聞いていた。だから、母は野球をテレビ画面ではなく、言葉で捉えているのかもしれないと思ったんですね。

お母様を観察していたからこそ、できたことですよね。お母様を実際に拝見していないので、耳から入った野球用語をどこまで意味づけされていたかはわかりません。でも、お母様が台所で繰り返し聞いてきた野球の実況用語は覚えているはずです。だから慣れた言葉、好きな言葉がまだお母様の頭に残っていて、海馬に問題を抱えていても感情を揺り動かせたのではないかと思います。

「好き」「楽しい」という気持ちを起点にすると、脳の伝達ネットワークを変えることができます。感情の中枢である扁桃体(へんとうたい)は、海馬のすぐ隣に位置しています。アルツハイマー型認知症で海馬が少し萎縮すると言っても、海馬のすべてが損傷してしまったわけではありません。感情が動けば、扁桃体からたくさんの刺激が海馬に送られ、海馬がよく働き、その時々のことを覚えられる可能性があります。

だからもしかすると、横山さんと一緒に野球の実況中継を聴いて楽しかった記憶が、お母様の中に残ったかもしれません。

お母様にとっては、野球用語が刺激的だった。しかも単発の言葉だけなので、試合の成り行きを考えなくて済む。だから負担がなく感情を動かすことができたのだと思います。

人は海馬を取り除いても記憶を残せるのか

――アルツハイマー型認知症では、新しい記憶を司る海馬に少し傷がついているということですが、海馬自体がなくなると、人間は記憶ができないのでしょうか?

海馬をてんかんの治療のために手術で切除してしまった人がいます。海馬は記憶の中枢と言われていますが、海馬を切除してもその人に古い記憶はきちんと残っていた。海馬ではなく、大脳皮質に古い記憶が蓄えられていたんです。アルツハイマー型認知症の方は、海馬がすべて駄目になってしまったわけではないので、新しい記憶もまったく蓄えられなくなったわけではありませんし、昔の記憶も残っているわけです。

また自分の好きなこと、興味のあることは記憶としてよく残るんですね。「うれしい」「楽しい」と心が揺り動かされると、記憶も強く定着する。海馬の隣にある感情の中枢が強く刺激されると、結局脳全体が刺激されることになるのだと思います。だから感情を動かすことは、認知症の人にとってもいろいろな意味で希望があると思うんですよね。

(次回につづく)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング