もらう男性は複雑?義理チョコ専門店が登場

「ブラックサンダー」の新たな販売戦略

画像を拡大
昨年は新宿駅に無料の自販機を設置

そんな状況を打開しようと、有楽製菓は昨年、「一目で義理とわかるチョコ」として大々的に売り出した。新宿駅内に巨大な広告を出すと共に、自動販売機「義理チョコマシーン」を設置したのだ。1日1000缶限定で、義理チョコ缶を無料配布すると、連日長蛇の列ができた。

その成功を踏まえて、今年は東京駅に義理チョコ専門店をオープンした。

会社の屋台骨を支える商品

有楽製菓マーケティング部の山崎美沙氏は、「これまでは運によって売り上げが伸びてきた部分も大きい。より多くの人に知ってもらうために、今後はこちらから仕掛けていく」と意欲を燃やす。

ブラックサンダーの売上高は単純計算で30円×1億3000万個=39億円に上る。有楽製菓の2012年度の売上高は90億円で、ブラックサンダーはまさに会社の屋台骨を支える商品だ。同社は今回の出店を機に、バレンタイン商戦でも稼げるより太い収益柱に育てていく方針。

近い将来、ブラックサンダーが義理チョコの代名詞になる日が来るかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング