もらう男性は複雑?義理チョコ専門店が登場

「ブラックサンダー」の新たな販売戦略

バレンタインシーズンは、チョコレートメーカーにとって大事な稼ぎ時。各社とも手の込んだチョコをラインナップし、女性の心をつかもうとしている。

そんな中、一風変わった戦略を打ち出したのが駄菓子「ブラックサンダー」を製造・販売する有楽製菓だ。

同社は1月29日、東京駅一番街に「義理チョコ専門」の店をオープンした。2月16日までの期間限定で、「義理チョコパッケージ」(20本入り630円)やメッセージなどを書き込めるシールなどが入った「義理チョコ缶」(3本入り420円)などの限定品を販売している。受け取った男性は、うれしいような悲しいような複雑な気持ちになるかもしれない。

バレンタイン商戦に加われず

画像を拡大
限定商品の「義理チョコパッケージ」(左)と「義理チョコ缶」

ブラックサンダーは、黒を基調に金色の稲妻がデザインされたパッケージと、「お菓子界の小さな巨人」「若い女性に大ヒット中」といった独特の商品コピーが印象的なチョコバーだ。値段は1本32円と安い。

2008年の北京オリンピック金メダリストである体操の内村航平選手が好物と明かしたことで人気に火が付き、現在は年間1億3000万個を売り上げる大ヒット商品となった。

ただ、バレンタイン商戦において、駄菓子であるブラックサンダーは見向きもされず、戦いの土俵にすら上がれていなかった。

次ページ有楽製菓の業績は?
人気記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。