ゴールドマン「米中貿易戦争で景気後退リスク」

アメリカの第4四半期GDP見通しを引き下げ

 8月11日、米ゴールドマン・サックスのエコノミストらは、米中貿易戦争がリセッションにつながるリスクが高まっていると指摘した。写真は米中の国旗。5月28日、北京で撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[11日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス<GS.N>のエコノミストらは11日、米中貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるリスクが高まっていると指摘した。両国は2020年の米大統領選までには通商協議で合意しないとの見方も示した。

同行のエコノミスト、ヤン・ハチウス氏、アレック・フィリップス氏、デービッド・メリクル氏は、顧客向けノートで「われわれは3000億ドル相当の中国製品に対する関税が発動されると予想する」と述べた。

トランプ米大統領は今月1日、3000億ドル相当の中国製品に9月1日から10%の制裁関税を課す方針を明らかにした。これを受け、中国は米国産農産品の購入を停止した。だい

米国はまた、中国を「為替操作国」に認定した。

ゴールドマンは、貿易摩擦による米経済への影響がこれまでの予想よりも大きくなるとみて、第4・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しを20ベーシスポイント(bp)引き下げ、1.8%とした。

サプライチェーンに支障が出て投入コストが上昇することで米企業は国内での経済活動を抑制する可能性があると指摘。そのような「方針を巡る不透明感」は企業の設備投資縮小にもつながる可能性があるとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT