ゴールドマン「米中貿易戦争で景気後退リスク」

アメリカの第4四半期GDP見通しを引き下げ

 8月11日、米ゴールドマン・サックスのエコノミストらは、米中貿易戦争がリセッションにつながるリスクが高まっていると指摘した。写真は米中の国旗。5月28日、北京で撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[11日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス<GS.N>のエコノミストらは11日、米中貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるリスクが高まっていると指摘した。両国は2020年の米大統領選までには通商協議で合意しないとの見方も示した。

同行のエコノミスト、ヤン・ハチウス氏、アレック・フィリップス氏、デービッド・メリクル氏は、顧客向けノートで「われわれは3000億ドル相当の中国製品に対する関税が発動されると予想する」と述べた。

トランプ米大統領は今月1日、3000億ドル相当の中国製品に9月1日から10%の制裁関税を課す方針を明らかにした。これを受け、中国は米国産農産品の購入を停止した。だい

米国はまた、中国を「為替操作国」に認定した。

ゴールドマンは、貿易摩擦による米経済への影響がこれまでの予想よりも大きくなるとみて、第4・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しを20ベーシスポイント(bp)引き下げ、1.8%とした。

サプライチェーンに支障が出て投入コストが上昇することで米企業は国内での経済活動を抑制する可能性があると指摘。そのような「方針を巡る不透明感」は企業の設備投資縮小にもつながる可能性があるとしている。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。