ゴールドマン「米中貿易戦争で景気後退リスク」

アメリカの第4四半期GDP見通しを引き下げ

 8月11日、米ゴールドマン・サックスのエコノミストらは、米中貿易戦争がリセッションにつながるリスクが高まっていると指摘した。写真は米中の国旗。5月28日、北京で撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[11日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス<GS.N>のエコノミストらは11日、米中貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるリスクが高まっていると指摘した。両国は2020年の米大統領選までには通商協議で合意しないとの見方も示した。

同行のエコノミスト、ヤン・ハチウス氏、アレック・フィリップス氏、デービッド・メリクル氏は、顧客向けノートで「われわれは3000億ドル相当の中国製品に対する関税が発動されると予想する」と述べた。

トランプ米大統領は今月1日、3000億ドル相当の中国製品に9月1日から10%の制裁関税を課す方針を明らかにした。これを受け、中国は米国産農産品の購入を停止した。だい

米国はまた、中国を「為替操作国」に認定した。

ゴールドマンは、貿易摩擦による米経済への影響がこれまでの予想よりも大きくなるとみて、第4・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しを20ベーシスポイント(bp)引き下げ、1.8%とした。

サプライチェーンに支障が出て投入コストが上昇することで米企業は国内での経済活動を抑制する可能性があると指摘。そのような「方針を巡る不透明感」は企業の設備投資縮小にもつながる可能性があるとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。