グーグル、度付きレンズ対応フレーム公開

アイケア保険とも提携、普及拡大目指す

1月28日、米グーグルは、眼鏡型端末「グーグル・グラス」の年内発売に向け、度付きレンズ対応のフレームなどを公開するとともに、アイケア保険大手と提携すると発表した。写真はグーグル提供の映像から(2014年 ロイター)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] -米インターネット検索大手グーグルは、眼鏡型端末「グーグル・グラス」の年内発売に向け、ファッショナブルな度付きレンズ対応のフレームなどを公開するとともに、アイケア保険大手ビジョン・サービス・プラン(VSP)と提携すると発表した。

グーグルによると、グーグル・グラスを度付きレンズに対応させるため、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスで、VSPの検眼医をトレーニングしている。また、VSPの保険加入者が同フレームを購入した場合、保険が適用されるようになるという。

グーグルは27日にフレーム4つのほか、数種類のサングラス・シェードをウェブサイト上で公開。価格はフレームが225ドル、サングラス・シェードが150ドル。

グーグル・グラスは現在、米国内の限られたユーザーのみが1台1500ドルで体験しているが、グーグルによると、年末にかけてより低価格で一般販売される見通し。

これまでのグーグル・グラスのデザインには冷やかしの声も聞かれたが、一般販売前のイメージチェンジで普及拡大を目指す狙いがあるとみられる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT