スズキの4―6月期営業利益、前年比46%減

インドでの販売減痛手、通期予想は当面維持

 8月5日、スズキが発表した2019年4―6月期連結決算では、営業利益が46.2%減だった。主力市場のインドにおける四輪販売が落ち込んだほか、為替影響や諸経費の増加も響いた。バンコクで7月撮影(2019年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[東京 5日 ロイター] - スズキ<7269.T>が5日発表した2019年4―6月期連結決算では、営業利益が46.2%減だった。主力市場のインドで四輪販売が2割ほど落ち込んだほか、為替影響や諸経費増加などが響いた。

現時点ではインドの先行きが読めないことなどを理由に20年3月期通期の業績予想は従来のまま据え置いたが、今後新たな予想を発表する見通しだ。

4―6月期の営業利益は627億円で、リフィニティブが集計したアナリスト8人の予測平均値691億円を若干、下回った。売上高は8.1%減の9075億円、純利益は52.8%減の405億円だった。

四輪の世界販売は14.4%減の73万8000台だった。地域別では、インドが20.2%減。日本でも、検査体制の再構築による減産の影響により3.8%減少した。

長尾正彦常務役員は会見で4―6月期決算について「一言でいうと厳しい結果」と説明。特にインドの四輪販売では、現地で国会議員選挙前に買い控えが起こり、政権発足後は「反転するかと思ったが、まだそういう感じもない」といい、「明るい材料が見つかっていない」と語った。

長尾氏は、今後インドで環境規制が厳しくなる中、現地で「ハイブリッド車をしっかり普及させたい」と述べた。通期の連結業績見通しは従来予想を維持したが、市場動向の見極めができ次第「新たな予想を、どこかの時点で公表したい」と語った。

通期の営業利益予想は前期比1.7%増の3300億円。リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値は3349億円となっている。

通期の売上高予想は0.7%増の3兆9000億円、純利益予想は11.9%増の2000億円。純利益の増益は、前期に計上した約200万台のリコールに伴う特別損失813億円がなくなる反動がある。インドでの四輪販売は4%増と、今回は従来計画を変更していない。

(白木真紀 編集:田中志保)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT