スズキの4―6月期営業利益、前年比46%減

インドでの販売減痛手、通期予想は当面維持

 8月5日、スズキが発表した2019年4―6月期連結決算では、営業利益が46.2%減だった。主力市場のインドにおける四輪販売が落ち込んだほか、為替影響や諸経費の増加も響いた。バンコクで7月撮影(2019年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[東京 5日 ロイター] - スズキ<7269.T>が5日発表した2019年4―6月期連結決算では、営業利益が46.2%減だった。主力市場のインドで四輪販売が2割ほど落ち込んだほか、為替影響や諸経費増加などが響いた。

現時点ではインドの先行きが読めないことなどを理由に20年3月期通期の業績予想は従来のまま据え置いたが、今後新たな予想を発表する見通しだ。

4―6月期の営業利益は627億円で、リフィニティブが集計したアナリスト8人の予測平均値691億円を若干、下回った。売上高は8.1%減の9075億円、純利益は52.8%減の405億円だった。

四輪の世界販売は14.4%減の73万8000台だった。地域別では、インドが20.2%減。日本でも、検査体制の再構築による減産の影響により3.8%減少した。

長尾正彦常務役員は会見で4―6月期決算について「一言でいうと厳しい結果」と説明。特にインドの四輪販売では、現地で国会議員選挙前に買い控えが起こり、政権発足後は「反転するかと思ったが、まだそういう感じもない」といい、「明るい材料が見つかっていない」と語った。

長尾氏は、今後インドで環境規制が厳しくなる中、現地で「ハイブリッド車をしっかり普及させたい」と述べた。通期の連結業績見通しは従来予想を維持したが、市場動向の見極めができ次第「新たな予想を、どこかの時点で公表したい」と語った。

通期の営業利益予想は前期比1.7%増の3300億円。リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値は3349億円となっている。

通期の売上高予想は0.7%増の3兆9000億円、純利益予想は11.9%増の2000億円。純利益の増益は、前期に計上した約200万台のリコールに伴う特別損失813億円がなくなる反動がある。インドでの四輪販売は4%増と、今回は従来計画を変更していない。

(白木真紀 編集:田中志保)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。