恋愛はできても結婚に届かない39歳男性の遍歴

同僚のバツイチ女性と毎週会っていたが…

しかし、気にしてチェックをしてみると、同僚男性が言っていたとおり、彼女のウィークデーの休みの日には、課長も必ず休みを取っていた。日曜日のたびに自分とデートできるのは、家庭のある課長がその日は家族と過ごすからだろう。日曜日は彼女にとって最も寂しい日。その寂しい時間を自分が埋めていたのではないか。

その一方で、このまま時間を重ねていけば、妻子持ちの課長から彼女を奪えるのではないかとも考えた。

そんなつらかった期間に、雄介は私のところに婚活相談にやってきた。

お見合いを始めるものの、いい人に出会えない

面談に来た雄介が言った。

「これまで付き合ってきた女性とは、どうも結婚に縁がなかった。ここにきてやっと結婚できる女性に出会えたかと思ったら、課長と不倫しているというし。つくづく女運がないなぁと思ったんですよ。

もう40も見えてきているし、好きだの嫌いだのの感情に流されていないで、結婚をしてきちんと家庭を築きたい。ただ、今の時点で、気持ち的に彼女を切るとことはできないんです。結婚相談所って付き合っている女性がいても、入会はできますか?」

そんな雄介に、私は言った。

「結婚相談所は、独身証明書を提出できる独身ならば、付き合っている異性がいても入会できますよ。彼女への気持ちを断ち切るためにお見合いをするのも1つの方法だと思います。ただ、お見合いでうまくいかなければ、結局は彼女のところに戻ってしまうのではないですか?」

「戻ることはないと思います。お見合いをするのは、彼女への気持ちを断ち切りたいからだし。好きになった女性に好きな男性がいる。しかもその相手が妻子持ち。そこが苦しいんです。自分でこの気持ちを整理するために、何か動かずにはいられないんですよ」

そうして始めたお見合いだった。ところが、それから半年間、いいと思う女性には断られ、雄介が断る女性には好かれ、なかなかいいご縁に恵まれなかった。

そんなときに出会ったのが、麻耶だった。

また、婚活を始めてからというもの、土日のうち日曜日しか休みがない雄介は、お見合いを日曜日にすることが多く、交際に入るとデートも日曜日となるため、美智子と会うのもだんだんと疎遠になっていったようだ。

そして、お見合いを始めて半年経った頃、摩耶と出会った。お見合いのときからいい感触を得て、仮交際に入り、その3カ月後には真剣交際に入った。

真剣交際に入ってからはすぐにでもプロポーズをし、結婚を決めたかったようだった。しかし、結婚の話題を出すと摩耶から返ってくるのは、「焦らずにもう少しお付き合いしたい」という言葉だった。

次ページ慎重にならざるをえない過去のトラウマ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
名門ホテル激変<br>高級化路線の成否

9月12日、ジ・オークラ・トーキョーが開業した。4年の歳月と建て替え総工費約1100億円をかけ、世界のラグジュアリーホテルに伍して戦える施設に生まれ変わった。パレスホテルなどの成功例も加え、日本のグランドホテルの未来を占う。