ファーウェイの上半期売上高、前期比23.2%増

米政府の圧力受けても前年の15%増を上回る

 7月30日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] が30日発表した上半期決算は、売上高が前年同期比23.2%増の4013億元(582億8000万ドル)となった。5月に撮影(2019年 ロイター/Jorge Silva)

[香港/上海 30日 ロイター] - 中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] が30日発表した上半期決算は、売上高が前年同期比23.2%増の4013億元(582億8000万ドル)となった。米政府から強い圧力を受けているにもかかわらず伸び率は前年の15%を上回った。

スマートフォンの出荷台数は24%増の1億1800万台に達した。

米商務省は5月、政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」にファーウェイと関連会社を追加した。これにより同社のサプライチェーンは大きく混乱した。

梁華会長は決算説明会で記者団に「売り上げは5月まで急速に拡大した」とし、エンティティリストに追加された後も伸び続けていると説明した。

「しかしこの先に困難がないということではない。困難は存在し、短期的に拡大ペースに影響を与える可能性がある」と指摘した。

アナリストによると、好調な国内スマートフォン販売や、次世代通信規格「5G」の通信網の新規契約によって輸出規制の影響が相殺された。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT