ファーウェイの上半期売上高、前期比23.2%増

米政府の圧力受けても前年の15%増を上回る

 7月30日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] が30日発表した上半期決算は、売上高が前年同期比23.2%増の4013億元(582億8000万ドル)となった。5月に撮影(2019年 ロイター/Jorge Silva)

[香港/上海 30日 ロイター] - 中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] が30日発表した上半期決算は、売上高が前年同期比23.2%増の4013億元(582億8000万ドル)となった。米政府から強い圧力を受けているにもかかわらず伸び率は前年の15%を上回った。

スマートフォンの出荷台数は24%増の1億1800万台に達した。

米商務省は5月、政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」にファーウェイと関連会社を追加した。これにより同社のサプライチェーンは大きく混乱した。

梁華会長は決算説明会で記者団に「売り上げは5月まで急速に拡大した」とし、エンティティリストに追加された後も伸び続けていると説明した。

「しかしこの先に困難がないということではない。困難は存在し、短期的に拡大ペースに影響を与える可能性がある」と指摘した。

アナリストによると、好調な国内スマートフォン販売や、次世代通信規格「5G」の通信網の新規契約によって輸出規制の影響が相殺された。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。