米ヤフー、ディスプレー広告不振で減収に

アリババの業績に注目

1月28日、米インターネット検索大手ヤフーが発表した第4・四半期決算は、ディスプレー広告販売が不振となり、4四半期連続での減収となった。7日撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] -米インターネット検索大手ヤフーが28日発表した第4・四半期決算は、ディスプレー広告販売が不振となり、4四半期連続での減収となった。

株価は時間外取引で5.8%下落した。

収入は12億6600万ドルと、前年同期の13億4600万ドルから6%減少。4四半期連続の減収となった。オンラインのディスプレー広告と検索広告の双方の料金が下がった。

ディスプレー広告事業の収入は前年同期比6%減少した。広告の単価(韓国を除く)は7%低下した。

純利益は3億4820万ドル。前年同期は2億7230万ドル。

諸項目を除いた1株利益は0.46ドルで、トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想である同0.38ドルを上回った。

BGCパートナーズのアナリスト、コリン・ギリス氏は「第4・四半期は広告料金が上がるのが普通だ。主力事業が縮小している」との見方を示した。

<アリババ>

ヤフーは中国の電子商取引会社アリババに約24%出資しており、決算にはアリババの第3・四半期の業績も一部反映されている。

アリババの売上高は前年比51%増の17億7600万ドル。増収率は依然として高水準だが、第2・四半期の61%は下回っている。

アリババは将来、株式を公開する見通しで、市場関係者はアリババの業績に注目している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT