米ヤフー、ディスプレー広告不振で減収に

アリババの業績に注目

1月28日、米インターネット検索大手ヤフーが発表した第4・四半期決算は、ディスプレー広告販売が不振となり、4四半期連続での減収となった。7日撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] -米インターネット検索大手ヤフーが28日発表した第4・四半期決算は、ディスプレー広告販売が不振となり、4四半期連続での減収となった。

株価は時間外取引で5.8%下落した。

収入は12億6600万ドルと、前年同期の13億4600万ドルから6%減少。4四半期連続の減収となった。オンラインのディスプレー広告と検索広告の双方の料金が下がった。

ディスプレー広告事業の収入は前年同期比6%減少した。広告の単価(韓国を除く)は7%低下した。

純利益は3億4820万ドル。前年同期は2億7230万ドル。

諸項目を除いた1株利益は0.46ドルで、トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想である同0.38ドルを上回った。

BGCパートナーズのアナリスト、コリン・ギリス氏は「第4・四半期は広告料金が上がるのが普通だ。主力事業が縮小している」との見方を示した。

<アリババ>

ヤフーは中国の電子商取引会社アリババに約24%出資しており、決算にはアリババの第3・四半期の業績も一部反映されている。

アリババの売上高は前年比51%増の17億7600万ドル。増収率は依然として高水準だが、第2・四半期の61%は下回っている。

アリババは将来、株式を公開する見通しで、市場関係者はアリババの業績に注目している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT