キャタピラー、中国での建設機械販売が低迷

第2四半期の純利益は市場の予想を下回る

米重機メーカーのキャタピラーが24日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。カリフォルニア州サンディエゴで2017年3月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[シカゴ 24日 ロイター] - 米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が24日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。米中などの貿易摩擦が企業の景況感や経済活動に影響したことも影を落としている。

米株式市場の午前の取引で株価は約6.4%下落した。

純利益は16億2000万ドル(1株当たり2.83ドル)。前年同期は17億1000万ドル(同2.82ドル)だった。リフィニティブのまとめたアナリストの1株利益予想は3.11ドル。

売上高は3%増の144億ドル。

主力の建設機械部門は22%の減収。中国を中心にアジア太平洋地域で需要が低迷した。

北米では石油・ガス関連機械の売り上げが減少した。

関税に絡む費用や人件費の増加を背景に、生産関連コストは約2%ポイント拡大した。ボンフィールド最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、同四半期の関税に絡む費用は7000万ドルだったことを明らかにした。

2019年の1株利益見通しは12.06─13.06ドルで維持したものの、見通しの下限近辺になると予想した。調整後ベースでは11.75─12.75ドルと予想した。

通年売上高については、石油・ガス関連機械の需要回復を背景に、小幅増となることを見込む。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT