キャタピラー、中国での建設機械販売が低迷

第2四半期の純利益は市場の予想を下回る

米重機メーカーのキャタピラーが24日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。カリフォルニア州サンディエゴで2017年3月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[シカゴ 24日 ロイター] - 米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が24日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。米中などの貿易摩擦が企業の景況感や経済活動に影響したことも影を落としている。

米株式市場の午前の取引で株価は約6.4%下落した。

純利益は16億2000万ドル(1株当たり2.83ドル)。前年同期は17億1000万ドル(同2.82ドル)だった。リフィニティブのまとめたアナリストの1株利益予想は3.11ドル。

売上高は3%増の144億ドル。

主力の建設機械部門は22%の減収。中国を中心にアジア太平洋地域で需要が低迷した。

北米では石油・ガス関連機械の売り上げが減少した。

関税に絡む費用や人件費の増加を背景に、生産関連コストは約2%ポイント拡大した。ボンフィールド最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、同四半期の関税に絡む費用は7000万ドルだったことを明らかにした。

2019年の1株利益見通しは12.06─13.06ドルで維持したものの、見通しの下限近辺になると予想した。調整後ベースでは11.75─12.75ドルと予想した。

通年売上高については、石油・ガス関連機械の需要回復を背景に、小幅増となることを見込む。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。