「EU離脱」とラグビーでアイルランドに注目の訳 W杯で日本はアイルランド統一チームと戦う

印刷
A
A

ラグビーの場合、南のアイルランド選手の多くはカトリック教徒。これに対して、北では「プロテスタントのスポーツ」でもある。こうした宗教の違いを乗り越えて代表チームが結成されているのは、「南北いずれの地域でも中上流階級のスポーツであり、多様性を許容する雰囲気があるため」という。

2015年のラグビーワールドカップでのアイルランド代表(写真:ラグビーワールドカップ2019組織委員会提供)

1960年代から活発化した北アイルランド紛争では、差別撤廃を求める同地域のカトリック系住民と、プロテスタント住民との間で武力対立が激化。

南北アイルランドの統一を求めるカトリック系のアイルランド共和国軍(IRA)によるテロなどが頻発し3000人以上の犠牲者が出た。紛争は1998年のベルファスト合意(聖金曜日の合意)でようやく終結した。

それだけに、ラグビーの統一チームは美談として語られがち。だが、海老島氏の見立てでは、「恩讐を越えて、といった感じではない」。

中上流階級にはプロテスタント教徒が多い一方、庶民階級の大半を占めるのはカトリック教徒。こうした構造が北アイルランド紛争の一因になった。つまり、ラグビー代表にはもともと社会的な階級の違いが存在せず、南北の選手が融合しやすかったのだ。

アイルランズ・コールが結束を高めてきた

統一チーム結成の歴史は、アイルランドが英国から独立する前の19世紀後半にさかのぼる。イングランドとアイルランドによる初のテストマッチが行われる際、南側のラグビー協会が北側に呼びかける形で実現した。

これに対して、サッカーは「大衆のスポーツ」。北ではプロテスタントだけでなく、カトリック教徒もプレーをしている。このため、北アイルランド紛争が続いていたころには、「試合中に宗教的な対立が顕在化した」ことも少なくなかった。

ただ、ラグビーも南北の分断にまったく影響されなかったわけではない。ゲーム開始前に代表チームが歌うラグビーアンセムの「アイルランズ・コール」。この斉唱が始まったのは1995年のW杯南アフリカ大会からだ。

それまでテストマッチの前に演奏されていたのはアイルランド国歌だった。しかし、北アイルランド出身の選手にはこれに違和感を覚える向きも少なくなかったという。南北の溝を埋めようと作られたのが「アイルランズ・コール」だ。

次ページ合意なき離脱に揺れるアイルランド
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT