桑田真澄次男・Mattの「金言」に共感集まる理由

美学に裏打ちされた個性は父親譲り?

マネキンのようなインパクトのあるメイクで知られるMattに共感する人が増えている。ミステリアスな一面から見えてくるMattの魅力とは?(YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=Jq-jQ6WGUkg

タレントのMattが7月7日に放送された「7.2新しい別の窓」(AbemaTV)に出演し、美容テクニックや画像加工テクニックを伝授したことが話題になった。

番組では「新しい地図」の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、ゲスト出演していた池田美優(みちょぱ)ともに加工を実体験。自身のインスタグラムでは「#みんなをMatt化w」というハッシュタグとともに、Mattのようなシャープな輪郭、デカ目、ツヤ肌になった「新しい地図」の3人との加工写真を公開。これにファンからは、「マット化はやるね笑」「わたしもMatt化したい」などのコメントが寄せられるなど、注目を集めた。

バッシングにもポジティブな対応に共感する人が続出

Mattといえば、元プロ野球選手の桑田真澄氏の次男で、ブライダルモデルやアーティストとしても活動。マネキンのようなインパクトのあるメイクで知られ、たびたびビジュアルや美を追求する姿が話題になるが、意外と彼自身の発言には人々の心に響くような言葉が見られるのだ。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

例えば、SNSでの誹謗中傷について。バラエティー番組で「エゴサーチをするか?」という質問に、「しないんですけど、SNSで言われたらします」と返答。

さらに、「言われている人って主役であって、言っている人は脇役だと思っていて、だから言われているときは自分が輝いていると思って、勝手に言っときなさいって感じ」と見解を語り、スタジオから歓声が上がっていた(「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」2019年7月8日放送)。

また、3月25日のインスタグラムライブ配信では、誹謗中傷コメントを送り続けるアンチに、「こんなことを言いながらもずっと見ているっていうのは興味があるってことだろうし」と穏やかに対応していた。

バッシングにもポジティブ。そんな彼の価値観に共感できる人は多いのでは? さらに、「美」に関しても面白い名言が。

次ページ着実に上がる好感度
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT