売れ筋アイス「トップ200商品ランキング」2019

森永「チョコモナカジャンボ」は不動の1位

例えば、6個入りのものと、1個のものでは、単価が違う。だから、6個のほうが有利のように感じるかもしれない。それでも、売り上げが高いのは事実なので、そのまま比較することにした。6個入りといっても、6で割ってはいない。それに、単価が高くても売れる/売れないは、その銘柄の訴求性によるはずだ。

トップ5商品は以下のとおりだった。

1位 チョコモナカジャンボ 150ml(森永製菓)
2位 エッセルスーパーカップ 超バニラ 200ml(明治)
3位 PARM チョコレートバー 55ml×6(森永製菓)
4位 パピコチョココーヒー 80ml×2(江崎グリコ)
5位 ハーゲンダッツミニカップ キャラメルバタークッキー 110ml(ハーゲンダッツジャパン)

テレビCMでよく見かける定番商品が目立つ

上位はいわゆる「定番」のテレビCMで商品名やブランド・企業名をよく見かける商品も多い。「チョコモナカジャンボ」は定番だし、「エッセルスーパーカップ」「あずきバー」「ジャイアントコーン」なども、国民食といっていい。

それにしても瞠目すべきは、1位の「チョコモナカジャンボ」の強さだ。平均売価89円であるにもかかわらず、売り上げは圧倒的と言える。2年前のランキングでも商品・ブランド別のトップを飾っており、不動の強さを持っている。プレミアムアイスカテゴリーに入るハーゲンダッツも高単価ながらよく売れている。

アイスクリームは、暑い日常にささやかなブレイクを与える、「コト消費」の側面を持った商品でもある。喜ばしいことではないが温暖化の影響で平均気温が上昇している以上、アイスクリーム市場は今後も拡大する可能性がある。そんな難しい話は抜きにしても、7月の炎天下と熱帯夜を考えると、私はアイスクリームを買いに行きたくなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT