売れ筋アイス「トップ200商品ランキング」2019

森永「チョコモナカジャンボ」は不動の1位

スーパーマーケットで売れているアイスとは?(東洋経済オンライン編集部撮影)

本格的な夏が到来してきた。この時期にスーパーマーケットやコンビニでよく売れるのが、アイスクリームだ。アイスクリームは日本で発売されてから約150年が経過しようとしている。

少子高齢化の進展によってアイスクリームのような氷菓市場は減少傾向にあるのではないかと思ってしまうが、日本アイスクリーム協会によれば「アイスクリーム類及び氷菓販売金額」は2007年が約3700億円だったのに対し、2018年は5186億円と7年連続の増加となり、この10年で1.4倍に拡大した。

一般的に「アイスクリーム」と呼ばれる商品は、乳成分の量によって以下の4つに分類される。食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められている。

種類別 アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)
種類別 アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)
種類別 ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)
種類別 氷菓(上記以外のもの)

アイスクリームは冬場でも売れる?

ところで、アイスクリームは何月に売れるのだろうか。最も売れるのは夏だが、実はアイスクリームは、絶対的な気温よりも、昨日よりも温度が上がった際に欲しくなる傾向がある。コンビニやスーパーマーケットでは、年中アイスクリームを置いている。

筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした、True Dataのデータベースドルフィンアイを使って、主要な全国のスーパーマーケットのPOSデータを基に、アイスクリームの季節ごとの売れ行きを調べてみた。

100万人がスーパーマーケットに入店したとして、その100万人単位でアイスクリームの売上金額を調べてみると、ピークの7~8月は1600万円前後なのに対し、11~2月は同600万円程度まで下がり、3月から上昇傾向に入る。冬場と夏場ではアイスクリームの売れ行きにざっと2.6倍ぐらいの差がある。

同様のデータを使って、市販アイスの売れ筋をブランド・商品別に調べてみた。True Dataの定義に沿って単品の「パーソナルアイス」だけでなく、複数本が箱に入った「ファミリーアイス」やハーゲンダッツのような「プレミアムアイス」も含めて、売れ行き上位200商品をランキングにした。2017年にも上位100商品のランキングを紹介したことがあるが、最新版となる。

次ページトップ50商品は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。